国勢調査-1

縁あって、今回はじめて国勢調査員を経験した。
国勢調査員は、形式的には一定の要件を満たすものから選考され、総務大臣が任命する非常勤の国家公務員(8月27日から10月26日)。
しかし、担い手が少なく、本来全国で約70万人が必要なのに61万人しか確保できなかったという。
不足は、役所の職員などでカバーしたようだ。
そんなわけで、選考というプロセスがあったのかどうかはわからないが、私の場合は住所、氏名、生年月日を伝えただけで任用された。

実際に仕事をして、印象に残ったことをメモに残す。
・説明会参加
8月中旬に説明会開催の案内が郵送で届く。
9月上旬の開催で、場所と日時を指定される。都合が悪い場合は連絡すれば、調整が可能とのこと。
説明会の所要時間は30分だった。DVDを見る時間や挨拶の時間もあり、実質20分くらいか。
通常は2時間くらいだが、コロナ対策で短縮したとの説明だった。
腕章、調査員証のほか、マニュアルや地図、記入用紙など30種類くらいの紙資料が配布される。
説明会では、これらを説明する時間がないので、本当のエッセンスしか話さない。
参加者は、見たところ70歳以上の人がほとんどで、内容を理解できるのだろうかというのが率直な感想。
彼らの多くは経験者なので、仕事の詳細を理解しているのかもしれないが、今回はコロナ対策で、
基本マニュアル(コロナを前提としない内容)に準じないイレギュラーな手順もある。
説明会ではとても理解できないので、自宅に帰ってマニュアルや資料に目を通す。
半日くらいかかった。
想定以上に手間と時間がかかる作業があるとわかり、引き受けなければ良かったと後悔。

・地図の確認と世帯一覧の作成
受け持ったのは2区約140世帯。
区域は自宅が属する町内会ではなく、歩いて10分ほどの町名も違う区域だった。
労災の関係からなのか、調査は必ず徒歩で回るよう、事前に注意されていたので、自転車は利用できなかった。
まずは、区域の地図の確認。
通常なら住宅地図を元に調査員が世帯番号を割り振った地図を作成しているそうだが、
今回は予め市役所側で用意していた。
その地図を元に調査区域を実際に回って、誤りがないかどうかを確認。
確認したら、世帯一覧に反映していく。
トータルで丸1日くらいの作業だった。

・調査票の配布
作成した地図を参照しながら、一覧にある世帯を一軒ずつ訪問し、調査票を配布する。
通常は手渡しだが、今期はコロナ対策で、インターホン越しに調査の趣旨と協力をお願いしつつ
調査票をポストに入れる。
その際、世帯主の氏名と家族構成(男女別人数)を聞いて、調査票に書き入れる。
当然、訪問しても留守のお宅は多い。
いつもは、3回訪問して不在だったら、調査票をポストに入れていたそうだが、
コロナ対策で2回訪問でポスト投函になった。
訪問は、曜日と時間帯を分けて、延べ6回(1回あたり2時間くらい)ほど回った。
接触しやすいのは土曜や18時以降だった。
最終的に接触できたのは、全体の5割くらい。
受け持った地域は、戸建てが少なく、7割以上が共同住宅で、しかもワンルームタイプが大半。
戸建ては9割接触できたが、共同住宅は3~4割くらいの感触だ。
不在時は、訪問した旨と次回予定日、連絡先などを書いたメモを残すのだが、
連絡先を書くだけでも結構な手間だった。

・提出の協力要請
10月1日、調査票の提出を呼びかけるチラシを全戸に配布(ポスティング)。
2時間くらいで終わった。

・提出の督促
10月中旬、回答のない世帯を訪問して、回答のお願いと調査票を配布。
調査票には、予め区域番号や住宅形式などを記入した。
準備と訪問でトータル1日くらいの作業だった。
マニュアルには、回答が得られず、接触もできない世帯は、可能なら
近所の人から聞き取り調査をして調査票に記入するよう記載があったが、
一切やらなかった。
一般の調査員にそこまでやらせるのか、近所の人が正確な情報を把握している
のかなど、疑問だらけだ。

・資料のまとめ
10月下旬、市役所から受け取った回答状況(郵送かネット)かなどを、世帯一覧に反映した上で、
配布した調査票の枚数や回答のあった世帯数などを集計する。
余った調査票、マニュアルなど一式を市役所に返却して、一連の調査員の仕事は終了。

疲れた。
次回も同じやり方を踏襲するなら、もう、やりたくないなぁ。

SSDのフリーズ 再発 → OS再インストール

SSDのフリーズが再発した。
ここまで様々な対策をしてきたが、解決しない。

あまり気が進まなかったが、OSを再インストールすることにした。
余分なSSDがないので、データをNASに全量コピーしてから、同じSSDを初期化し、
Windows 10をクリーンインストールする。
よい機会なので、32bit版から64bit版に変更した。

OSの再インストールはすんなりと終了したが、ここで1つ問題が発生。
シャットダウンしても、電源オフにならない。
ディスプレイは切れるが、本体の電源が切れない。
電源ランプが点灯したままで、時折ファンも回る。

高速スタートアップをオフにしたり、スリープを無効にしたりしたが効果なし。

ググると、使っている機種(Lenovo ThinkCentre Edge71 1578)で
起動ディスクをGPT形式からMBR形式に変更したら、解決したとの情報あり。

再度、ディスクを初期化しMBR形式にしようと試すが、OSをインストールするとなぜだがGPT形式になってしまう。
たぶん、diskpartコマンドのやり方を間違えたのだろう。

GPT→MBR変換のフリーソフトを探してみたが、見つからない。

仕方ないので、市販のパーティションツールのお世話になることにした。
選定したのは、AOMEI Partition Assistant Professional。
通常だと6,000円近くするが、半値以下で購入できるサイトを発見。
割引率が大き過ぎる感があり、詐欺かもしれないと疑ったが、
冒険して買ってみた。
※なぜだか、生涯アップグレード権が付いた永久ライセンスの方が安い!

PCソフト特価販売サイト

疑って悪かった、すぐに正規のライセンスコードが届き、インストールも首尾よく成功。
機能的にはOSを起動したままでも、MBR形式に変換できるようだが、
ブータブルCDを作成し、そのCDで立ち上げてツールを起動。
あっという間にMBR形式に変換できた。

シャットダウンで電源オフもできるようになった。
めでたし、めでたし。

SSDのフリーズ 再発→解決(たぶん)

SSDのフリーズ問題。前回の対応で解決したはずだったが、再発した。
ググったら、「Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ」が悪さをしているとの情報。

半信半疑でアンインストールしたら、当たりだったようだ。
エクスプローラでフォルダの中身を表示するまでに、かなり時間がかかる場合があったけど、これも解消したみたい。

このプログラムは、他のPCにも入っているけど、なぜこのPCだけ現象がでるのかなぁ。

SSDのフリーズ

昨年11月にリビングのデスクトップPCのSSDを容量アップのために換装したが、原因不明のフリーズが発生するようになった。
当初は数秒から数秒程度待てば復帰したが、最近は数分(長いときは5分以上)続くようになり、頻度も格段に多くなった。
使っているのはADATAのSU630。

まずは、ADATAの公式サイトから入手した「ADATA SSD ToolBox」を使って、SSDの状態をチェック。問題なし。

次にコントロールパネルの電源オプションの詳細設定でディスクの電源断の時間を0(なし)に設定した。
期待していなかったが、この設定後はフリーズが発生していない。
当たりだったようだ。

新型コロナウイルスの市町村別感染状況(千葉県)

県内の市町村別の感染者数は発表されており、地図で市町村ごとの感染者数をマッピングしたものも見かける。
これだと、面積の広い市町村や人口の多い市町村が当然多く表示される。
感染者がどの程度発生しているのかを把握するため、面積あたりの感染者数(感染者密度)を市町村別にマッピングしてみた。

予想通り、人口密度が高く東京にも近い県西部の東葛、京葉地区の感染者密度が高い。
試しに人口密度との相関を計算したら、相関係数は約0.7だった。集団感染が発生した東庄町など突出した値があることを考慮すると、強い相関関係があると言える。

地図のマッピングは、「地図ぬりぬり」を利用させてもらった。

今シーズンのスキー

今年はシーズン券を買って、バリバリ滑るつもりだったが、シーズン終盤の2月23日現在、4日しか滑っていない。

1月上旬、シーズン券を買った佐久スキー場近く(と言っても車で15~20分くらい)のゲストハウスに3泊4日。最終日の4日目が雨だったので、滑ったのは3日間だけ。流石に3日目は飽きたので、ショートスキー(99cm)をレンタル。ストック無しで滑るスキーは新鮮だった。

ゲストハウスは3泊で6,750円。相部屋のはずが、ほかに宿泊する人がいなかったので、1人で8畳の和室を占有させてもらった。コスパは最高だった。

シェアハウスの外観

シェアハウスの外観

シェアハウスの部屋

シェアハウスの部屋

駐車場はシェアハウスから徒歩2分のところに商店街用を利用。1回200円。クサリのチェーンがゲートとなっているのを初めて見た。歩いて5分くらいの河川沿いに無料の駐車場があったが、物騒だったのと昨年の台風のときに河川が氾濫して水を被ったという話を聞いて利用を見送った。

駐車場

駐車場

行きは高速を使ったが、帰りは一般道を利用。5時間半くらいかかったが、高速代の約4千円を節約できた。

ショートスキーが楽しかったので、帰ってからロシニョールの123cmを2万3千円で購入。

1月下旬はスキーツアー(日帰り)で佐久スキー場に。バス、リフト代込みで3,900円。高速代より安い。おニューのショートスキーで滑ったら、1日で3回も転んでしまった。前の3日間でも1回も転ばなかったので、スキーとの相性が悪いのかもしれない。

あと1か月くらいはスキーができそうだが、コロナウイルス感染の心配もあり、スキーバスツアーを利用するかどうかは微妙だし、自力で行くのもしんどいので、今シーズンはもう打ち止めかもしれない。

最近の読書

最近、読んだ本(備忘録として)
「犯罪」
「刑罰」
「禁忌」
いずれも独作家フェルディナント・フォン・シーラッハの翻訳本。
刑事事件担当の弁護士の立場から、様々な犯罪の人間心理を描いたフィクションだが、
白でも黒でもない現実とも符合し興味深い。
「罪悪」「コリーニ事件」なども読むつもり。

「三体」
中国のSF作家劉慈欣の翻訳本。SFは久しぶり。
文化大革命から始まる壮大なスケールのSF小説。
想像を超える科学技術に途中から付いていけなくなった。

「はだしのゲン」コミック(1~7)
有名なのに読んだことがなかった本。戦争の悲惨さや悲しさが十分すぎるほど伝わる作品。
涙なしに読めない。ただ、描写がストレートすぎるので、少し工夫が欲しかった。

インターホン故障&交換

自宅のインターホン(テレビ付)が故障。音声も映像も正常に出なくなった。10数年前に購入したパナソニックのXL-MV190K+VL-V564で、玄関子機(VL-V564)側の故障の可能性が高いが、寿命と諦め、新しい製品を購することにした。

製品の選定にあたっては、室内親機を設置していない部屋でも玄関子機と通話できるよう、ドアホンアダプタ(VE-DA10-H)を接続しているので、これに対応していることが必須条件。

当時は多くの製品が対応していた記憶があるが、現在は数製品しかない。この中で一番安価のVL-SZ35KFという製品を選んだ。税込み1万9千円と想定より高かった。

インターホンの取り付けは何度か経験していたので、既設の配線をそのまま利用して機械だけ取り換えれば30分くらいで交換が終わると見込んでいたが、エラーが出て繋がらない。

交換作業中に劣化した配線がどこかで断線してしまったらしい。断線個所は玄関(門)から中継ボックスの間であることが判明。PF管を通っている古いケーブルに新しいケーブルを結んで引っ張り出すが、結び方が悪く途中でほどけてしまった。

でも我が家には通線ケーブルがあったのだ。10数年前にLANケーブルを通すときに秋葉原の電気屋で3,500円で買ったものだ。使うのはそれ以来。

まずPF管に通線ケーブルを押し込んで反対側まで送り込もうとするが、途中で引っかかって進めなくなってしまった。この難関も通線ケーブルと同時に購入しておいた通線潤滑材を使うことでクリアできた。

交換時間は当初見込みの30分から大幅に延びて、5時間くらいかかってしまった。

パラサイト 半地下の家族

話題の韓国映画「パラサイト 半地下の家族」を観る。
アカデミー賞候補になっているだけのことはあり、面白い。
格差社会の表現も隠れているのだろうが、「万引き家族」のような暗さはなく、
半分開き直りのような楽観的で上昇志向をも感じさせてくれる。
ラスト近くに凄惨なシーンがあるが、エグさはあまり感じない。
登場人物の中ではセレブ妻役が気に入った。

男はつらいよ お帰り寅さん

「男はつらいよ」シリーズの50周年記念作品、「男はつらいよ お帰り寅さん」を劇場で観る。
1997年の「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来、22年ぶりのシリーズ作品。
これまでの作品と異なるのは、当たり前だが渥美清が主役でないことだ。
吉岡秀隆が登場する場面が多く、ところどころ回想録的に寅さんの昔の映画のカットでつなぐ。
山田洋二監督は初めての人にも観てほしいと言っているようだが、昔の寅さんシリーズを観た人たちでないと付いていけないかもしれない。
それにしても皆んな歳を取ったなぁというのが第一印象。
それでも浅丘ルリ子演じるリリーと後藤久美子は存在感があった。
まあ、昔のトラさんの雰囲気をそれなりに楽しめたので満足。

有馬記念2019

2年ぶりに有馬記念に参戦。
単勝を2つ。1番人気を外し、2番人気と3番人気を1,500円ずつ購入した。
2番人気のリスグラシューが1着となり、少額ながらリターンがあった。
それにしても最終直線のリスグラシューの足は驚異的だった。
これで引退してしまうのも惜しいなぁ。

韓国旅行

韓国へ3泊4日で旅行。
韓国を訪れるのは3回目。初回は独身時代に同僚と、2回目はプロジェクト打ち上げを兼ねた親睦職場の仲間6人と、今回は家族とだ。
いづれも宿泊はソウル。前回は約20年前だったから、町並みもかなり様変わりした印象だ。
地下鉄はどの駅もホームドアが設置され、設備は日本の一歩先を進んでいる。
海外観光客は日本人がほとんどだったが、中国人をはじめ東アジア、東南アジアからの旅行者が増え、日本人は目立たない。
日韓関係は微妙だが、今回接した現地の人たちは、いたってフレンドリーだった。
近くて費用も安いので、また行ってみたい。

1日目の夕食

2日目の昼食

宿泊したIbisアンバサダーホテル

2日目の輸食は屋台で

ソウルの電気街

アニメイト