大学図書館の悲鳴

今日の朝日新聞朝刊に大学図書館の窮状を訴える記事が載っていた。

以下、引用(記事冒頭を抜粋)

 研究者が論文を載せる学術誌の値上げが特に電子版で相次ぎ、大学の図書館が学術誌や本の数を減らさざるを得なくなっている。有名私大クラスでも学術誌や本をそろえられなくなり、研究に支障が生じ始めた。研究格差が広がりかねず、文部科学省は7月中にも、検討部会を立ち上げて対策に乗り出す。

~ここまで引用

そう言えば、先月下旬の大学研究室のOB会で、図書館長も兼ねる教授の講演があった。

20年前に導入した図書館システムを更新中で、新しいシステムは大学単独ではなく、ライバルのK大と基幹部分を共通化して、
開発費や運用費などを低減するとともに、蔵書も融通できるようにという。
コストダウンを図らなければならない背景として、蔵書の半分を占める電子書籍の高騰を理由として挙げていた。
毎年5~8%ずつ値上げされていて、紙の書籍の購入を減らさざるを得ない状況だそうだ。
このため、ライバル校の蔵書も借りられるようにするらしい。

講演の内容はこんなところだったと思う。
聞いたときは、電子書籍が年々上がっている印象はなかったので、違和感を持ったが、この新聞記事で学術論文の電子版だったとわかり、納得した。

記事によると、値上げの一因として、海外の大手出版3社が世界シェアの大半を握る寡占になっていることが挙げられていた。
電子版の発行に一定の経費が掛かるものの紙に比べれば格段に安いはずで、一部の企業が営利目的で報酬を吊り上げるのはいかがなものだろうか。 

文科省は近く「ジャーナル問題検討部会」を立ち上げることを決めたそうだが、グローバルな問題として世界を巻き込んだ論議が必要と思う。

週刊誌の購読

退職後は週刊誌を読まなくなった。
ニュース系の情報収集は新聞とテレビ、ネットニュースばかり。
週刊誌にも読みたい記事がある。
ただ雑誌を買うのは無職の身には厳しい。
そこで、主な週刊誌をネットで読める「dマガジン」に入ってみた。
月額400円だが、「週刊文春」「週刊新潮」もカバーしている。
かなりのコスパ。

でもでも、「dマガジン」には読みたい記事が載っていないこともある。
4月2日号の「AERA」の「現代の肖像」でジャーナリスト・清水潔さんが取り上げられているが、
「dマガジン」には見出しすらない。
やっぱり、紙の雑誌を買うしかないね。

「現代の肖像」の清水潔さんの記事。しっかりと取材をした、読み応えのある記事だった。
1冊390円。損はない。

Kindleからの注文が・・・

翔泳社の期間限定50%の書籍を購入しようとしたが、Kindleからコンテンツの注文がエラーするようになった。特定の1台だけでなく、すべてのkindle端末、アプリ、WebブラウザからもNGだ。

サポートに電話し、kindle端末の設定などを確認してもらい、指示にしたがい端末再起動などもしたが解決せず。半日たって解決方法の案内があった。

1.登録したクレジットカード情報を削除後、再登録
2.1-Click設定を再設定する
 ・現在と異なる住所を既定の住所に設定した後、もとの住所を既定の住所に設定し直す
 ・「既定の1-Click 設定および優先するお支払い方法」の「支払い方法」を改めて設定
3.居住国設定を再設定する
4.ルーターの再起動とチャンネル変更を実施する

4は関係なさそうなので、3までを実施したら、あっさり解決した

kindle3購入

 kindleが直る見込みが立たないため、円高で実質価格が安くなったこともあり、新型kindleを購入を決意。品薄で出荷まで2週間くらい待たされたが、出荷開始からは3日で到着した。
 旧型より一回り小さく、軽い。日本語の表示が標準でできるようになり、日本語のHPが見られるようになった。日本語はunicodeでなくても、shiftjisでも文字化けしないようだ。gmailの表示も問題ないが、旧型同様レスポンスは悪い。
 日本語の書籍や雑誌などのコンテンツが、安く提供されればよいのだが・・・。

kindle衝動買い

 kindleが189ドルに値下げされたので、思わずamazon.comから購入ボタンをクリックしたのは2日前。送料と税金がかかるので代金は2万円ちょっととなった。本日、そのkindleが到着。日本での買い物と変わらないほど超特急のデリバリーだ。
 日本のamazonからの商品は、不必要に大きな箱でデリバリーされるが、kindleは分相応な大きさの箱で届いた。中のkindleも意外に軽く小ぶり。当面は、日本語化などをせず、そのまま試してみたい。

在庫切れのはずの本が....

 インターネット「本屋さん」で在庫切れのために注文をキャンセルされた本。だめもとでamazonに注文したら、2日日の今日、「発送しました」のメールが届いた。
 「本屋さん」の流通ルートが貧弱なのか、amazonが独自に在庫を抱えているのか、理由は分からないが、顧客満足度の差は歴然だ。

注文していた本が...。

 7月4日にネットから注文した本が、在庫切れのためキャンセルになった、と「本○さん」からメールが届いた。注文して3日後には「18日納品予定」になっていたのに、なんで! 在庫切れだったのなら早く知らせてほしかったのに。