アマチュア無線局の開局申請

台風15号で、被災地の情報インフラが壊滅的な影響を受けた。
情報の受信は、かろうじてラジオかワンセグのテレビで凌げそうだが、特に非常用の情報発信(連絡)はかなり厳しい。

代替手段としてまず思いつくのが衛星携帯電話。
昔に比べれば費用が下がったが、それでも端末代と使用料で月額1万円近くの出費は痛い。
リスクに対して出て行くお金が多すぎる。

次はアマチェア無線。
利用料はほぼ無視できる範囲だし、無線機はハンディなら2万円強で入手できる。
免許は40年以上前に取った4級(当時は電話級)があるし、ハンディ無線機が2台ほど押入に眠っている。
うち1台は本体上側に技適番号が表記されていたので、申請もできそうだ。
無線局は過去2回開いていて、それぞれコールサインもあったが、更新しなかったので失効している。

ということで、早速開局手続きを進める。
いまは、このサイトから電子申請ができるようになっている。

申請するにはユーザーIDの登録が必要で、サイトからID発行を申請しなければならない。
発行されたIDはメールではなく、自宅宛にハガキで連絡がある。
数日後、ハガキが届いたのでサイトから開局手続きをした。

コールサインは以前のものを復活するのではなく、新規申請とした。
使われなくなったコールサインを再割り振りしているので、新規の方が若番を取れそうだ。

気のなるのは、手持ちの無線機が20年くらい前の機種なので、技適番号が付いているものの現在の基準をクリアしているかどうか不安だ。

首尾良く申請が通れば、免許状の発行となる。
免許状の受け取り方法は3つ。
返信用の封筒を同封して電波監理局に送るか、窓口に直接取りに行くか、595円を払って送ってもらうか。
仕事先が電波監理局に近いので、直接取りに行く方法を選んだ。

まずは審査結果を待つことにする。

スマホ4台買いました

スマホは落として画面が割れたりして、平均すると2年くらいしか持たない。
以前は、部品を取り寄せて自分で修理することもあったが、最近の機種は素人が修理するのは難しくなった。

で、家族分の予備機を購入する。

1台目はZenfone4。現在使ってるのがZenfone3で、その後継機種だ。
1年くらい前の機種で、イオシスで14,800円。

あとの3台は、HUAWEI nova lite 3。楽天モバイルの機種変更で1台9,052円だった。
米国から貿易制限を受けているHUAWEIなので、在庫を早くさばきたいのだろう。

ASUS Fonepad 7文鎮化からの復活

数年前に購入したAsusのタブレット端末(Fonepad ME372CG K00E)が起動しなくなった。いったんはFactory resetで復活したが、playストアでインストールしているアプリを片っ端から更新したら、再起動できなくなった。ロゴが表示されたあと、いつまで待ってもグルグル表示のまま。文鎮化という状態だ。
ググったら、同じ症状で復旧させた人のサイトがあったので参考にして復活。
Android5.0で、3Gながらもテザリングも可能。もう少し現役でがんばってもらおう。

・手順の備忘録
(1)ファームウエアのダウンロード
下記の公式サイトからJPバージョン(UL-K00E-JP-7.5.3.0-user.zip)をダウンロード。2つあったので新しいのをゲット。
http://www.asus.com/jp/supportonly/ASUS%20Fonepad%207/HelpDesk_Download/
ただし、rawファイルじゃないので、sdカードに入れてもそのままではインストール不可。なので、次のリカバリーツールを使う。

(2)リカバリーツールのダウンロード
xdaからIntelAndroid-FBRL-07-24-2015.7zをゲット。
http://forum.xda-developers.com/andr…p-cwm-t2975096

(3)usbドライバーのインストール
usbドライバー(IntelAndroidDrvSetup1.10.0.zip)を下記サイトからダウンロード 。めずらしくintel入ってるandroidなので専用のドライバーが必要みたい。
https://software.intel.com/en-us/android/articles/intel-usb-driver-for-android-devices

(4)リカバリーツールの起動
タブレット本体にファームウエア(zip)をコピーしたSDカードを装着してから、PCとusbケーブルで接続。音量upキーと電源ボタンの長押しでドロイド君を表示。usbケーブルが接続されているよと表示が出ていることを確認。出ないときはUSBケーブルを疑う。
2でダウンロードしたツールを7-zipで解凍して、launcher.batを実行。
ACCEPT → 5 (CWM) → T2
あとは、andoroid画面での操作。メッセージにしたがって進めるだけ。インストールには30分くらいかかるので、焦らずに待つのがコツみたい。途中で電源を切るのは厳禁だ。

Androidウォッチ LEM5

 以前からスマートウォッチに興味はあったが、スマホとの連携が必要だったり、価格が高かったりで、買うのを躊躇していた。
 そんな折、LEMFOのLEM5というAndroid Watchが発売されているのを偶然発見。スマートウォッチだが、スマホがなくても単独で通話やデータ通信ができる優れものだ。nano SIMを内蔵でき、メールや通話、MAPを見ることができる。ROMが1GB、RAMが8GBとLEMFOの同じシリーズの中では容量がが最も大きいみたい。まらなく欲しくなって海外のサイトから購入してしまった。
 到着まで約3週間。取説は簡単なものしか付いてなくて、ネットでの情報もほとんどない。当初googleのアカウントが登録できずに悩んだが、スマホから特定のapkを移植してOKとなった。
 液晶表示が丸形なので、アプリによっては、ほとんど使いものにならないものもある。入力がしずらいが、bluetoothキーボードを接続したり、ATOKの花びらみたいなフリック入力だと何とか使える。バッテリーはいまのところ10時間くらいしか持たないが、身に着けていて、つい自慢したくなるガジェットだ。
 
 あっ、日本のAmazonでも販売されるようになってる。いまなら迷わずAmazonで買うのになあ。

VULKANO FLOW

 通販サイトでVULKANO FLOWが5,980円で販売されていたので衝動買い。ちょっと前まで12,800円で売られていて、いつのまにか半値以下になっていた。
 ネットワーク設定やケーブルの接続は簡単だが、リモコンの設定にずいぶんと手こずった。東芝のブルーレイレコーダーにつなげてみたが、設定ファイルが公開されておらず、一つひとつのボタンを押して本体に学習させなければならない。最初は何度やっても認識せず、初期不良かと思って焦ったが、本体を逆さに置き、リモコンを3~4cmくらいに近づけたら、認識率が格段に向上した。
 android用アプリを1000円ちょっとで購入し、xpreaで試してみる。結構画質はいいみたい。wifiで接続しているつもりが、3Gで接続されていたのに気づかず、あっと言う間に通信量が2Gバイトを超えた。Sonetのsimを使っているので、3日間は超低速を我慢しなきゃならないみたい。それにしても、VULKANO FLOWを使うにはどこかのサーバーにレジストしなきゃならないんだと思うけど、そのサービスが止まったら使えなくなっちゃうってことなのだろう。価格が下がってきたのは、危ないってことなのか?
 

Sony Ericsson XPERIA Mini ST15i

スマートフォン3台目を海外通販サイトでポチった。145ドルからプロモーションコードを入力して10ドルの値引きがあり、送料を入れても13,000円ほど。
 数日ほどして届いた現物は、想像以上に小さい。が大きさの割には厚みがある。重量は100gを切るほど軽いのだが、大きさが大きさなのでずっしりとした感じ。画面は小さいが、老眼の私でもメガネなしで判読できる範囲だ。
 動作はきびきびしていて、インストールしているアプリの数が少ないせいかもしれないが、GALAXY TABと同等以上の印象。と、使っているうちに、この機種特有の「連打病」を発症してしまった。スタンバイにして少しおいておくと症状が軽くなるが、すぐに再発する。「連打病」を治療するには、rootをとった上で補正スクリプトを実行するしかないようだ。
 まず、rootを取得できるバージョンまでダウンしてから、先人が公開している方法でrootを取った。連打病対策のスクリプトを入れ実行すると、完全に症状が消えた。ついでにフォントの入れ替え、FMラジオの周波数変更、CPU動作クロックの変更などをした。
 GALAXY TABに挿していたso-netのsimは、しばらくST15iで使うことにする。

st15i 画面

st15i 画面

so-netでモバイル通信

 IDEOS購入とほぼ同時期に契約したb-mobileの期限がもうすぐ切れる。U300 for IDEOSというサービスで通信速度は300kbpsと低速だが、おまけの期間もあり1カ月あたり約2,000円とコストパフォーマンスは良かった。メールや通常のWeb閲覧なら十分実用範囲で、大きな不満はないが、別のサービスを探ってみることに。
 現在、Wimaxとemobileと契約しているが、キャンペーンを利用したので、利用しない月は費用が発生しない。
 定常的に費用が発生しておるのは、NTT東日本の光ポータブルのレンタル料315円/月と公衆無線LAN210円。光ポータブルをうまく活用するには、emobileかドコモかsoftbank系のsimカードのサービスがいい。
 emobileの昼得は、2年契約で2,480円で格安。通信速度も速そうだが、20時から2時までは通信できない制約が大きすぎる。会社の帰りは20時から24時くらいがほとんどなので、通勤では出勤の時にしか利用できなくなる。
 ドコモ系のSIMは、MVNOとしていままで使っていた日本通信(b-mobile)のほか数社ほどあるようだ。
 b-mobileだと、月額980円のイオン限定プランが気になるが、スピードが100kpbsと現状よりも低速なので、とりあえず候補からははずす。DTIハイブリッドモバイルプランはベストエフォートながら、回線速度はドコモの公表値と遜色ないが、ネットでの評判はすこぶる悪い。DTIとほぼ同じ料金でso-netのサービスがあり、いまなら初月が無料で初期契約費も無料という。ネットの評判もまずまずなので、ここに決定。
 so-netの利用は、zaurus(C860)ででbitWarpを利用して以来だ。ネットで申し込んでから数日後にSIMカードが到着。メールアドレスも1個付いてきた。simは当面、使用頻度の高いGalaxyTabに挿すことにした。いままでのb-mobileに比べ、画像の表示が早い。いまのところ不満はないが、2年契約なので、この間によりコストパフォーマンスのよいサービスが出現すると評価が変わってしまうのだろう。

GALAXY TAB購入

 カミさんのパケット代が増えてきたので、パケホーダイダブル2に変更し、機種変更でGALAXY TABを安価で入手。最終的にはドコモポイントを使ってので、実質の持ち出しはゼロ。android携帯はIDEOSに続いて2台目になるが、処理性能の差に愕然とした。画面も大きいし、CPUの処理速度もケタ違いだ。IDEOSだとPCサイトを見るのにもたつくし、画面が小さいので文字の判読が難しいが、GALAXY TABだとモバイルPCのような感じだ。
 IDEOS用に買ったb-mobileのsimは当面、GALAXY TABに挿して使うことにする。
 早速、シリコンジャケット、画面保護シート、予備のUSBケーブル、PCから充電できるUSB変換アダプターを購入した。IDEOS用にandroidマーケットで購入したATOKは、GALAXY TABに無料でダウンロードすることができた。

IDEOS購入

 1shopmobile.comから$165で購入したIDEOSが到着。simは日本通信の6カ月(1カ月分おまけ付き)を以前買っておいたので、それを利用。andorid携帯は、はじめてなので、ネットで情報を仕入れる。そのままのFIRMだと日本通信のSIMが使えないので、対応するfirmに入れ替えた。日本語の表示は問題ない。日本語変換ソフトなどをダウンロードして、ひととおりの環境が整った。
 NOKIAの携帯は日本語環境にするのに苦労したが(しかも完全な環境ではない)、androidの場合ははじめからグローバル対応になっていて非常に楽だ。
 IDEOSは画面が狭く、CPUも非力だが、メールや地図、ナビを使う分には問題ない。軽くて小型の筐体は、胸ポケットに入れて持ち歩いても苦にならない。しばらく遊んで見ることとしよう。

iPhone sms/mmsの通信ができない

 iPhoneの黒SIMがE71で使えるかどうかをテストした後、iPhoneに戻したらsmsもmmsも使えなくなった。eメールもWebも「パケット接続サービスに加入していません」とエラーが出る。無線LANを有効にすればeメールとWebは使えるが、smsとmmsはNG。もちろんAPN無効プロファイルは削除している。電源オフ/オン、リセットなどをするが解決しないため、ネットワーク設定をリセットした。表面上は無線LANの設定が消えただけだが、何故かsmsもmmsも使えるようになった。不思議?!。

E71のファームウエア更新

 E71を久しぶりに引き出しから引っ張り出し、ファームウエアをバージョンアップ。最新バージョンのv400.21.013になった。
 ファームのアップ後、opera miniやgmail専用アプリなどが使えなくなったので、再インストール。+jもついでにアップデートしたら、かなり操作性が良くなっていた。
 ただ、SIMは昨年夏にロンドンで買ったorangeのプリペイドが刺さったままなので、日本国内では通話できない。試しにiPhoneの黒SIMに交換してみることに・・・・。

たんすケータイ

 経産省が音頭を取って、都市鉱山のレアメタル回収の促進を狙った「たんすケータイ」のキャンペーンが始まった。文字通りタンスに眠っている古い携帯電話を電話を電機屋さんに持って行くと、抽選で1000円が当たる。欲にかられて、家中の携帯を集めたら12台、近所の電機屋さんに持って行った。シルバーコース応募券12枚をもらって帰った。専用のHPから応募券に書かれた14桁の数字を入れると、その場で当落がわかる。結果は12枚すべてがハズレ!乱数で当落を決めてると思うけど、12回連続で外れる確率って相当に低いはず。ほんとうに当たりはあるのかな?