長生きの秘訣?

母は90歳。
1年前に転んで足と肩を骨折。
手術のため1ヶ月入院した後、リハビリでさらに3ヶ月入院してから自宅に戻ってきた。
その後も週3回、通所リハビリを続けている。
骨折する前よりも明らかにしっかり歩けるようになった。
1年前は「要介護4」の判定だったが、いまは「要介護2」。

3度の食事は原則、自分で作る。
新聞も購読し、時事問題に詳しい。
最近、ガラケー携帯をスマホに変えたいと言う。
買い物は、誰かに頼むのが嫌いで、自分でお店に行って買う。
それで1週間に1度、私がスーパーに連れていかなければならない。
お金の管理がしっかりしていて、貸したり借りたりした金額をしっかり覚えている。

若いときから掃除がきらいで、いまも変わらない。
若いときと同じように、いろんな事をしたいようで、周りを巻き込んでいく。
本当に我が儘である。

我が儘が長生きの秘訣なのかなあ、と思うこの頃である。

東京五輪 ボランティア → 落選

昨年9月に応募した東京五輪ボランティアの選考結果がメールで届いた。
落選だった。
約20万人の応募に対して、採用は8万人。
採用率が比較的高いのに落選するとは情けない。
以下は届いたメールの一部。

=======================================================
 ◇◇大会ボランティアへのご応募に対する御礼とマッチングに関するお知らせ◇◇ 
========================================================
xxxx xxxx様
(nnnnnnnnn)

この度は、東京2020大会の大会ボランティアにご応募頂き誠に有難うございました。心より御礼申し上げます。また、20万人を超える多くの方にご応募頂き、大変有難く感謝申し上げております。

東京2020組織委員会では、応募フォームにおいて皆様が選択された「希望する役割」「希望する活動場所」等と、8万人分のボランティアの役割、活動場所等とを照らし合わせる「マッチング」を慎重に行わせて頂きました。

しかしながら、今回応募頂いた方が多数おられましたために、せっかくご応募頂きましたところ誠に残念ではございますが、xxxx xxxx様には大会ボランティアへの応募についてご要望に沿うことが出来ませんでした。

今回ご応募頂いたことへの感謝の気持ちとして、ささやかではございますが、アスリートからのメッセージ動画、待受け画面をお送りしますのでお納め下さい。

台風15号・・・・

 前日に公共交通機関の計画運休のアナウンスがあるほど予報段階で大きな影響が想定された台風15号。日が変わった9月9日1時頃には風雨が強くなり、時折、自宅の建物も揺れるようになった。明け方の5時に自宅付近に上陸し、台風の目に入り静かになったが、約20分後にはまた風雨が強まった。
 午前8時頃には主要な交通機関は運転再開の見込みだったが、動き出す気配はない。

 今日は10時出社の予定だったが、前日に会社から午後出社可の連絡があった。利用できる交通機関は、10時くらいから徐々に運転を再開したが、入場規制もあり混雑と混乱はしばらく解消しないと判断し、結局休むことにした。予定されていた仕事は、顧客の都合も悪くなり、キャンセルになったため、幸い影響はなかった。

 長女は10時30分頃に自宅を出て、会社に着いたのは12時過ぎだった。
 次女は、午後に海浜幕張で就活セミナーがあり、車で送迎した。

 JR津田沼駅の南口は、入場を待つ人たちが長蛇の列を作り、テレビやネットでも取り上げられた。京成津田沼は駅では、成田空港までのタクシーを待つ人たち(外国人が大半)で混雑していた。

 向かいの家の屋上のフェンスが倒れて、隣家に落ちそうになっていた。その後、業者が来て応急処置をしていった。

 10日になって富津市に住む親戚から、付近一帯が停電で復旧の見込みがないので、こちらに避難してよいかと相談があった。もちろん快諾した。
 その後連絡がないので、こちらから連絡してみた。車で隣の市に出かけ、必要な物は調達できたので、復電するまでの2、3日は何とかやっていけそうとのこと。
 その後も何度か連絡を取り合う。近所の倒木が原因で付近が停電となっているらしい。
 13日に東電から復旧見込みのアナウンスがあった。当初は数日以内だった復旧見込みが、1週間以内に延びてていた。懸命に復旧工事をしているのは分かるが、待つ身になるとゴールがだんだん遠ざかるのは辛い。
15日に連絡があり、14日夜に停電が復旧したとのこと。やっと普通の生活に戻れるようでホッとした。

語学ボランティア講座を受講

県が主催する「外国人おもてなし語学ボランティア」講座を受講した。
道案内など外国人を英語でお助けするのに最低限必要なスキルを身につけるのが目的で、
毎週土曜日に4時間ずつ、計3日間の講習だった。
無料なので人気が高く、受講者は抽選で選ばれたみたい。

教える英語のレベルはそれほど高くないが、実際にしゃべってみると、
なかなか言葉が出てこない。
2人ペアになって練習してから、教室の前に出てみんなの前で披露するのだが、結構恥ずかしい。
それでも3日目になると、英語になれたのか、羞恥心が麻痺したのか、それほど緊張しなくなった。

生徒は、女性が7割。見たところ、50代、60代の人が多い。
毎回、ペアの相手が変わるのだが、最後は16歳の女子高生だった。
若いだけあって、飲み込みが早い。元気をもらった。

最後に受講終了書(カード)とボランティアバッチを貰った。
まあ、バッチを付けることはないだろう。

猛暑対策グッズ

あまりに暑いんで、巷で流行りの対策グッズを買いました。

1つ目は日傘。
男性でも日傘を使う人が増えているそうで、試しに買ってみた。
男性用の製品は数が少なく、値段も高かったので、女性用を買ってみた。
小さくて、いつもカバンの中に入れて置ける。
ただ、ちょっと恥ずかしくて、さしたことがないので、実際の効果は分からない。

2つ目は、携帯扇風機。
外観はオモチャみたいだが、思った以上に風量がある。
充電池に18650が使われていて、電池の持ちも良い。
風量を3段階で切り替えられるが、一番強くすると音がうるさいのが難点だ。

安倍首相 来たる②

3年前の参院選と同様、安倍晋三首相が参院選選挙区の地元候補の応援演説にJR津田沼駅に。

小雨の影響もあるのだろうが、前回に比べると聴衆は少ない。
演説の日程が公表されたのが直前だった影響があるかもしれない。

演説はいつも通り、数字上げて成果を誇張し、野党を批判する内容だった。
ヤジもなかったが、拍手もパラパラだった。

大学図書館の悲鳴

今日の朝日新聞朝刊に大学図書館の窮状を訴える記事が載っていた。

以下、引用(記事冒頭を抜粋)

 研究者が論文を載せる学術誌の値上げが特に電子版で相次ぎ、大学の図書館が学術誌や本の数を減らさざるを得なくなっている。有名私大クラスでも学術誌や本をそろえられなくなり、研究に支障が生じ始めた。研究格差が広がりかねず、文部科学省は7月中にも、検討部会を立ち上げて対策に乗り出す。

~ここまで引用

そう言えば、先月下旬の大学研究室のOB会で、図書館長も兼ねる教授の講演があった。

20年前に導入した図書館システムを更新中で、新しいシステムは大学単独ではなく、ライバルのK大と基幹部分を共通化して、
開発費や運用費などを低減するとともに、蔵書も融通できるようにという。
コストダウンを図らなければならない背景として、蔵書の半分を占める電子書籍の高騰を理由として挙げていた。
毎年5~8%ずつ値上げされていて、紙の書籍の購入を減らさざるを得ない状況だそうだ。
このため、ライバル校の蔵書も借りられるようにするらしい。

講演の内容はこんなところだったと思う。
聞いたときは、電子書籍が年々上がっている印象はなかったので、違和感を持ったが、この新聞記事で学術論文の電子版だったとわかり、納得した。

記事によると、値上げの一因として、海外の大手出版3社が世界シェアの大半を握る寡占になっていることが挙げられていた。
電子版の発行に一定の経費が掛かるものの紙に比べれば格段に安いはずで、一部の企業が営利目的で報酬を吊り上げるのはいかがなものだろうか。 

文科省は近く「ジャーナル問題検討部会」を立ち上げることを決めたそうだが、グローバルな問題として世界を巻き込んだ論議が必要と思う。

目先のことだけ考えているの?

徴用工問題への報復措置とみられる今回の韓国への輸出規制。
嫌韓の人が多い保守層からは支持されているようだが、中長期的に見てどうなのだろうか。
一時的には韓国がダメージを受けるが、対象の半導体素材を生産・輸出する国内企業も影響を受ける。
半導体やLEDパネルは韓国のシェアが高いので、グローバルのサプライチェーンへの影響も出るだろう。
韓国は被害を最小限に抑えるため、国内企業の半導体部品や設備の開発費に毎年約920億円規模を投入するそうだ。
日本が得意とする分野が、またひとつ消えていくかもしれない。
韓国国内で反日感情が高まっているという。
これで韓国が報復措置をとれば、さらに険悪な状況になる。

こんなこと、政権は承知しているが、選挙を有利にしたいがため、この時期に実施したのだろうか。
まあ現政権に期待しても無理なことは分かっている。
だから、賢いはずの官僚さんたち。政権の言いなりにならず、中長期的な視野で国民のためになる仕事をしてほしい!

WordPressバージョンアップしたら・・・

WordPressをバージョンアップしようとしたら、PHPのバージョンが古すぎると叱られた。
それではとPHPもバージョンアップしたら、コンテンツが表示されなくなった。
バージョンアップ前にバックアップを取ってなかったので、後戻りできない。
別のテーマに変更したら表示されたので、元のテーマに戻した。
ヘッダーやメニューが飛んでいる。
仕方ないので、テーマを初期設定値に戻した。
ら、雰囲気が変わってしまった。
今日は集中力が切れているので、作業は後回し。

※ネットバンキングで楽天銀行に振り込むつもりが、
楽天証券の口座番号を指定しまった。
振込指示した時点ではエラーせず、手続きが完了してしまった。
後で気がついて焦ったが、1時間くらいしたら振込先が
エラーではじいて、お金が戻ってきた。
ボケボケ・・・・・・。

TOKYO 2020チケット

東京五輪2020のチケットの申込抽選結果がメールで届いた。
5セッションを申し込んだが、1つだけ当選していた。
どのセッションが当たったかは、サイトを見ないと分からない。
サイトは混んでいるので、受付待ち時間が表示された。
約30分で意外に待たずに済んだ。
開会式は落選だった。
当選したのは、男子サッカーの一次ラウンドだった。
席のグレードが低いので、家族の分と2枚で4,040円。
どのチームの試合になるかは分からないけど、期待して待つことにしよう。

報道ステーション 小川アナ降板

本日の報道ステーションをもって、小川アナが降板する。

【報道ステーション】小川彩佳アナ 最後のあいさつ

最後の挨拶を見て思わず、もらい泣き。

富川キャスターの物足りなさを補ってきた小川彩佳さん。
真のジャーナリストのあるべき姿を求めて、試行錯誤しながら時には権力にも立ち向かい、まっすぐな姿勢で報道を貫いてきた。

今度は、報ステの裏番組のAbemaTVでキャスターを務めるので、スポーツとエンターテイメントに比重を移した報ステを見るのをやめて、AbemaTVを見ることになりそうだ。

インターホンの断線

 知り合いのU邸のインターホンが故障し、修理の依頼を受けた。
 庭の植木を抜いた時、埋めてあった配線コードをスコップで切断したらしい。

断線したケーブル

 PF管が切断され、中のケーブルも切れている。

アウトレットボックス

門扉のインターホン

 屋内に引き込むアウトレットボックスと門扉のインターホンの間のケーブルが切断されているので、これを新しいケーブルに取り換えればよい。
 アウトレットボックスの結線を解き、端に新しいケーブルを結びつける。

 新しいケーブルを結びつける

切断箇所

 切断した箇所のケーブルのうち、アウトレットボックス側を引っ張り、新しいケーブルを手繰り寄せる。

切断箇所

 新しいケーブルが引き出せたら、今度は切断されたインターホン側のケーブルに結び直し、インターホン側からケーブルを引っ張り出す。

引き出したケーブル

 切断されたPF管は、ジョイントコネクタで繋いだ。

PF管のジョイントコネクタ

 作業時間は約2時間。ケーブルは手持ちのものを流用し、PF管のジョイントコネクタはホームセンターで100円くらいで購入。
 本来なら作業費込みで6,000円くらい頂戴したいところだが、お世話になっているU邸なので、お代は取らずに感謝の気持ちだけ受け取った。