アマチュア無線局の開局申請

台風15号で、被災地の情報インフラが壊滅的な影響を受けた。
情報の受信は、かろうじてラジオかワンセグのテレビで凌げそうだが、特に非常用の情報発信(連絡)はかなり厳しい。

代替手段としてまず思いつくのが衛星携帯電話。
昔に比べれば費用が下がったが、それでも端末代と使用料で月額1万円近くの出費は痛い。
リスクに対して出て行くお金が多すぎる。

次はアマチェア無線。
利用料はほぼ無視できる範囲だし、無線機はハンディなら2万円強で入手できる。
免許は40年以上前に取った4級(当時は電話級)があるし、ハンディ無線機が2台ほど押入に眠っている。
うち1台は本体上側に技適番号が表記されていたので、申請もできそうだ。
無線局は過去2回開いていて、それぞれコールサインもあったが、更新しなかったので失効している。

ということで、早速開局手続きを進める。
いまは、このサイトから電子申請ができるようになっている。

申請するにはユーザーIDの登録が必要で、サイトからID発行を申請しなければならない。
発行されたIDはメールではなく、自宅宛にハガキで連絡がある。
数日後、ハガキが届いたのでサイトから開局手続きをした。

コールサインは以前のものを復活するのではなく、新規申請とした。
使われなくなったコールサインを再割り振りしているので、新規の方が若番を取れそうだ。

気のなるのは、手持ちの無線機が20年くらい前の機種なので、技適番号が付いているものの現在の基準をクリアしているかどうか不安だ。

首尾良く申請が通れば、免許状の発行となる。
免許状の受け取り方法は3つ。
返信用の封筒を同封して電波監理局に送るか、窓口に直接取りに行くか、595円を払って送ってもらうか。
仕事先が電波監理局に近いので、直接取りに行く方法を選んだ。

まずは審査結果を待つことにする。

Echo Auto 招待メール

Amazon Echoシリースで自動車での利用に最適化された「Echo Auto」が欲しくて、
数ヶ月前に米国Amazonにリクエストしていたが、購入できるようになったと招待メールが届いた。

早速、カートに入れて購入しようとしたが、日本の住所には送れないと怒られた。
大昔、Kindleを米国amazonから直接購入した記憶があるが、勘違いだったかもしれない。

輸入代行を利用しようかと考えたが、手数料と送料が高いので諦めた。

待てよ、そもそもEcho Autoって、まだ日本語をサポートしていないんだって。
買わなくて良かった。

日本のAmazonで日本語対応版が発売されるのを持とう。

echoが家にやってきた

待ち望んだAMAZONからの招待メールが届き、やっとAmazon Echo Dotを入手した。

シリーズの中で最も安いDotだが、基本機能は上位機種と変わらないようだ。

まずは、スマホに専用アプリをインストールし、その後自宅にWi-Fiルータに接続。

あとはスキルを呼ばれる機能をいくつか設定した。

またEchoの購入特典である1か月のお試し期間が付いた、Amazon Music Unlimitedを登録して準備完了。

アレクサ、今日の天気は?

アレクサ、今何時?

アレクサ、おはよう。

アレクサ、ただいま。

アレクサ、ニュースを聞かせて。

アレクサ、トランプについて教えて。

アレクサ、フォークソングを聞かせて。

・・・・

いずれも、パソコンやスマホでも文字や音声を入力すれば、できそうなことだが、端末に一切触ることなく答えてくれる。ものぐさな人にはこの上ないサービスだ。

AMAZONにますます個人の趣向などの情報を吸い上げられていく恐ろしさを感じてしまうが、いまのところ利便性を優先し、AMAZONへの依存度が高くなる一方だ。

 

スピーカーの音がでない

家族がアンプ、スピーカーの裏側を掃除してから、右側のスピーカから音が出なくなった。
スピーカーは36年前に買ったダイヤトーンのバスレフ型DS-30B。
http://audio-heritage.jp/DIATONE/diatoneds/ds-30b.html

原因は、スピーカケーブルの接触不良だった。正確には端子が劣化して、ケーブルをグリップできなくなっていた。

赤(+)端子が劣化

AMAZONで端子を購入して(2個で640円)付け替えた。元の端子と赤黒の位置が逆なので、念のため+-の表示をテプラで張り替えた。

交換後の端子

太陽光発電にチャレンジ

初夏の太陽の光はエネルギッシュだ。この光エネルギーを有効活用すべく、太陽光発電に挑戦してみた。
まず機器を揃えるところから始める。
ソーラーパネルの前に何故かバッテリー。
AMAZONで「12V20Ah UPS用バッテリー WP20-12」を2個6,800円で購入。容量の割に安く評判もよい。2個だと送料無料なる。
次にソーラーパネル。バッテリーの容量に見合うのは30W~80Wくらいだそうだ。とりあえず実験なので、取り回しの良い30Wから選択。
結局、AMAZONで「30W 多結晶ソーラーパネル 12V システム系(MSP30W12V)」を購入。送料を入れると9千円強。バッテリー用のワニ口クリップが末端についた8mのケーブルが付属している。試にパネルを直射日光にあてると、電圧は約19ボルト。このままバッテリにつなぐとバッテリーを傷めてしまう。電圧を安定化して供給するのは、チャージコントローラが必要らしい。
AMAZONを物色するが気に入ったものが見つからない。こんな時はaliexpress。
10A 12V/24V, New solar controller charge solar battery , LCD display, dual USB output 5V.for solar energy system。液晶パネルに設定値や電圧が表示されて10ドル。いつものように到着まで3週間くらい待つ。

最低限の役者が揃ったので、屋上でバッテリとチャージコントローラと太陽光パネルを接続。

太陽光パネル

太陽光パネル


バッテリーとチャージコントローラ

バッテリーとチャージコントローラ


充電(入力電圧)は13.7Vに設定

充電(入力電圧)は13.7Vに設定

チャージコントローラの充電電圧は、付属の取説には13.7Vが初期値として設定されているとあったが、届いた物は12.7Vに設定されていた。とりあえず、初期値(推奨値?)の13.7Vに設定し直した。
充電前には12.8ボルトだったバッテリーが、13ボルト強まで充電されている。まずは実験成功。
 バッテリーやチャージコントローラに直射日光が当たらないよう、太陽光パネルの裏側にこれらの機器を隠しておいた。
 次の休みの日は、チャージャーに負荷となる機器を接続し、うまく制御されるか試してみよう。

ARecX6 ワンセグ6チャネル全録チューナー

 ワンセグながら6チャネルを全録できるチューナー(ARecX6)を衝動買い。地上波の同軸ケーブル、手持ちの2Tバイトのディスク(USB)、有線LANに本体を接続後、パソコンに専用ソフトをインストールしてディスクの初期化と録画チャネルなどの設定をして準備完了。
 6チャネルしか録画できないので、NHK2局、民放5局のうち、1つを諦めなければいけない。結局、日本テレビを対象外。3日たったが、いまのところ録画は順調。ただ、Androidだとバージョンによっては10秒ほどで停止したりして安定しない。自宅だと7個のうち2個(4.2と4.3)は正常に見ることができる。Windows7と8.1は問題なし。

プリンター(MX850)故障

 5年前くらいに買ったCANONの複合機MX-850が突然、エラーコードB200で停止。マニュアルによるとメーカー修理が必要になるとのこと。使用頻度は年賀状の季節以外は週に数枚印刷する程度。経過年数からすると寿命なのかもしれないが、諦めきれずネットで情報収集。
 ヘッドを交換すれば直りそうだが、メーカーはヘッドの個別販売を中止しているので、通販やオークションで買うことになる。これらは1万円近くで取引されていて、純正と謳いながら模造品だったり、中古品だったりすることもあるらしい。
 ヘッドの掃除で直ったとの情報もあり、これを試すことに。まずヘッドの取り外そうとするが、ヘッダが右側に移動して取り出せない。電源オフ・オンをするうちに、なぜかヘッドが左側に動くようになったので、インクカートリッジを取り出してからヘッドを取り外す。あまり汚れてない!。
 ヘッドを取り出した状態で、電源オフ・オン。もちろんエラー。でもプリンターヘッドが取り付けられていないというメッセージ。ということは本体じゃなくてヘッドの問題の可能性が大。
 少し期待しつつ作業にはいる。①超音波洗浄器に水道水を満たし、ヘッドをつける。向きを変えながら、10分くらい3回繰り返す②ドライヤーで乾かす③扇風機で風を当てること30分。④一晩放置し、自然乾燥⑤接点復活剤をヘッドとプリンターの接点部分にスプレー⑥ヘッドを装着⑦電源オン。
 期待半分で電源があがるのを待つこと1、2分。エラーが出ず、使えるようになった。結局、一晩寝かしたのが良かったみたい。
 

初HARD-OFF

 オークションでLDプレイヤー(もちろん中古)を手に入れ、元々あった「DVL-9」は用済みになったので、ハードオフで処分。押入にしまっていたAVセレクターの「JX-S510」もついでに処分。買取額は、DVL-9が800円、JX-S510は900円だった。
 オークションに出すと、もう少し高く売れると思うけど、手間を考えるとね。ハードオフを利用する機会が増えそうだ。

VULKANO FLOW

 通販サイトでVULKANO FLOWが5,980円で販売されていたので衝動買い。ちょっと前まで12,800円で売られていて、いつのまにか半値以下になっていた。
 ネットワーク設定やケーブルの接続は簡単だが、リモコンの設定にずいぶんと手こずった。東芝のブルーレイレコーダーにつなげてみたが、設定ファイルが公開されておらず、一つひとつのボタンを押して本体に学習させなければならない。最初は何度やっても認識せず、初期不良かと思って焦ったが、本体を逆さに置き、リモコンを3~4cmくらいに近づけたら、認識率が格段に向上した。
 android用アプリを1000円ちょっとで購入し、xpreaで試してみる。結構画質はいいみたい。wifiで接続しているつもりが、3Gで接続されていたのに気づかず、あっと言う間に通信量が2Gバイトを超えた。Sonetのsimを使っているので、3日間は超低速を我慢しなきゃならないみたい。それにしても、VULKANO FLOWを使うにはどこかのサーバーにレジストしなきゃならないんだと思うけど、そのサービスが止まったら使えなくなっちゃうってことなのだろう。価格が下がってきたのは、危ないってことなのか?
 

Kindle Fire HD

 3000円値引きに釣られて、ついポチってしまった「Kindle Fire HD」が届く。16Gバージョンなので12,800円。kindleはこれで4代目の購入。
 ディスプレー本体に比べて縁の面積が広く、厚みはそれほどではないが重量はかなりある。GPSがなく、SIMも搭載できないので、自宅タブレットに限定して使うつもりだ。タブレットは、初代GALAXY、中華タブレットのAinol NOVO7 Auroraに続き3台目だが、レスポンスはこれまでの2台より格段に向上している。ただ、そのままだとgoogle playが使えない。amazon marketはアプリの扱いがまだ少ないので、先人の知恵を借りてroot化することに。作業はいままでのandroidのどれよりも簡単に完了。
 wifiのスピードが速く、安定性もあるので、自宅のメインタブレットになりそう。

REGZAの録画ディスクが認識されない

 年末年始に録画と再生で酷使した影響なのか、37Z9000の外付けUSBハードディスクの登録がはずれ、新規ハードディスクとして認識されるようになった。
 REGZA本体のリセットを試したがNG。一時は初期化を覚悟したが。ネットでと専用ツールの存在を知り、早速実行。
 ツールはレグザHDD復旧ソフト「REGZA HDD Easy Repair」
UbuntuのダウンロードやDVD-RWへの書き込みに15分ほど、起動に3分ほどかかったが、ツールは17秒で完了。成功だ。REGAZAに接続したら、あっさり認識され、再生も録画も正常。
 すばらしいツールの開発者に感謝!

BSブースター故障

 BS放送が突然映らなくなった。テレビの設定画面で受信レベルを調べるとゼロになっている。どのテレビ、どのチャネルも電波を受信できていないようだ。地デジは正常。故障箇所は、BSアンテナかBSブースター、あるいはそれらを繋ぐケーブルくらいか。一番怪しいのはブースターなので、屋根裏に設置しているブースターを点検。外見では通電ランプが点灯し、アラームランプは点灯していない。ブースターをバイパスし、アンテナと直結するとレベルは低いが、テレビまで信号が届いた。犯人はブースターに間違いない。基本的にはブースター本体を交換するしかなさそうだが、ダメもとで「BS混合」/「別入力」の切替スイッチを「別入力」側に変更したら、信号が出力されるようになった。元々、ブースターは地デジ用とBS用で分けており、このブースターにはBSしか入力していないので、本来は「別入力」が正しいポジションだった。推測だが、混合入力用のミキサー部分が機能しなくなり、信号が出力されなくなったのだろう。とりあえず、これで様子見。

古いブースター


 このブースターは2004年頃にオークションで購入した中古品。中古で8年経つので、完全に故障する日も近い。更新を考えなくちゃいけない。新品は安いところから買っても2万円以上するので、またまたオークションで購入。BS/地デジに対応したブースターを3000円ちょっとで落札。週末を待って、屋根裏に上り、古いブースターと交換する。パワーが大きすぎるようで、利得調整つまみを一番低い位置にして、ちょうどよかった。作業時間は1時間強。
 これまでは各部屋にBS、地デジを1本ずつ配信していたが、今回のリプレースでBS/地デジの混合が2本ずつ取れるようになった。1部屋に2台テレビを置くことはないが、HDレコーダーを設置するときに便利かも。
新しいブースター(SEP7430CD)

新しいブースター(SEP7430CD)