WindowsME

 最後のコンシューマー向けWindowsと言われるWindowsME。まったく買う気はなかったけれど、時期限定の5千数百円という値段に心が動き、結局箱を持ってレジに並んでしまった。先週はWINDOWS2000を買ったばかりだというのに。家に帰ってMEをインストール、調子の悪かったパソコンが安定したみたいだ。

Windows 2000

 コジマ電器に13800円のパッケージが並んでいたので衝動買い。外箱には、NTのCDかNTがインストールされていないと2000をインストールできないと記載されていたが、98のCDでもOKだった。とりあえず、IEを試すが問題ない。我が家の非力なパソコンでも大丈夫そうだ

ハードディスク復旧?

 新しく買ったハードディスクに古いディスクのCドライブとDドライブのデータをコピーしようと、数年前に購入した、ディスクをコピーするユーティリティ「DriveCopy1.02」を使った。どうも8Gバイト以上には対応していないらしく、Cドライブをコピーしたところで止まってしまう。とりあえず、Cドライブがコピーできたので、ここでWindows98を上書きインストール。1時間くらいで完了し、とりあえずWindowsは起動できるようになった。だけど、ファイルがないよ、と10回くらい言ってくるので、ちまちまその都度ファイルをコピーしたり、INIファイルをいじったりで復旧した。アプリケーション固有のプログラムをSYSTEMディレクトリーに入れないで欲しいなあ、特に「筆まめ」さん!

ハードディスク購入

 T−ZONEで20Gディスク(9800円)を購入。ハードディスクはシーゲート製で初めて購入してみた。カタログ値ではアクセスタイム8.3msec、バッファ2Mバイト、7200回転で性能はまあまあ。ただし、IBMに比べると動作音がうるさい。店に行ったついでに、128Mバイトのメモリ(13800円)も買ってきた。これでやっと合計256Mバイトになった。

ハードディスク障害

 最近パソコンが故障がちだったが、決定的なダメージを受けた。WINDOWS下のSYSTEMディレクトリーが読めなくなったのだ。それも物理的になのだ。WINDOWSそのものが立ち上がらないため、復旧ツールも使いにくい。DOS上のツールも試したが、結局完全復旧には至らず、SYSTEMファイルの半数以上が読みとれない。SCANDISKも欠陥セクターのところでハングしてしまう。悩んだ末、新しいハードディスクにデータをコピーして WINDOWSを上書きインストールすることにした。

マザーボードのBIOS復旧

 先日、誤ってマザーボードのROM(BIOS)を吹っ飛ばした。ROMライターの購入も考えたか、使えそうなものは最低でも3万円以上する。
 そんな時、YAHOOオークションでBIOS復旧を1000円で請け負う人を発見、これを落札した。吹っ飛んだROMを送って、半信半疑で待つこと4日間、今日ROMが届いた。早速、試したところ見事に復旧していた。久しぶりにハッピー。

愛車 修理完了

 日曜日にサービス工場入りした愛車が家に戻った。クラッチを制御する棒が折れ曲がり、クラッチ自体も一部が変形していたそうだ。どういう乗り方をしたら、そんな風になるの?とサービスマンに質問したら、さあ分かりません、と返ってきた。走行距離3万8千キロ、ラリーもレースもやってないのにね。修理費用は5万8千円也。

またまた電車がとまった

 20日前に架線事故で止まった京成電車が、また今日も止まった。今度は踏切で電車と車が接触したらしい。
 復旧の見込みや運転状況の説明もなく、振り替え輸送するからJRに乗り換えろ、と言う。30分待っても進展が無く、アルコールも入っていたので、タクシーで家まで帰った。タクシー代の3580円、誰か補償してくれ!

今度は愛車が故障

 手術した左手の抜糸が済み、医者の許しも出たので2週間振りに車に乗った。○−ZONEに出物を探しに行くためだ。ガソリンが残り少ないので、途中のスタンドで給油した。給油中にボンネットを開けて、エンジンオイルやラジエータの水量、ブレーキオイルを点検してくれた(頼みもしないのに)。ラジエータの水量が少ないので、800円で追加すると言ったが、自分ですると言ってお断りした。
 給油が終わり、いざ○−ZONEへ。いや、何だか変だぞ。シフトの感じが違う。左手の傷が完全に治っていないせいなのか、いや違う。やけに重い。2週間乗らなかったせいか、いやそのくらい乗らなかったことはしょっちゅうあるぞ。でも、乗っているうちに軽くなるさ。
 期待は裏切られた。ついにローギアに入らなくなり、かろうじて入るセカンドで発信、自動車ディーラーまでごまかしながらたどり着いた。待つこと1時間、サービスマンが状況を説明しに来た。クラッチを駆動する油圧系統には異常はなさそうだ。クラッチの機械的な部分か、トランスミッション本体の故障の可能性があるので、一度トランスミッションを下ろさなければならない。
 ということで今日のところは電車で帰ることにした。最寄りの駅までサービスマンに送ってもらった。トランクに入れていたベビーカーを持って、一人短パン姿で電車に乗るのは恥ずかしかった。
 最低でも3万円、トランスミッションを交換するとプラス数万円。勘弁して欲しい。スタンドの点検作業で何かしなかった?