DVDレコーダー購入

 オークションで買ったHI8ビデオが、クリーニングテープを飲み込んで再生不能になったので、修理に出した。ビデオデッキは故障が多い。これを機にHI8からDVDに移行する決意を固め、DVR−7000を購入。最近出たDVR−3000の方が価格が安いが、基本性能に優る7000を選んだ。世間のシェアは松下陣営のDVD−RAMが、優位に立つらしいが、家のDVDプレイヤやLD/DVDコンパチプレイヤがパイオニア製なので、互換性のあるDVD−RW製品に決めた。
 メディアはDVD−RWとDVD−Rが使えるが、使い勝手はRWが圧倒的に良い。近所のパソコン点で台湾製のRWが497円、Rが397円と、価格差も100円しかないので、当面RWをメインに使うことにした。録画モードはVRモードとビデオモードがあり、画質、使い勝手ともにVRモードに軍配が上がる。ただ、VRモードだと家のDVDプレイヤでは再生できるが、LD/DVDコンパチプレイヤでは再生できない。
 画質はソースに依存するが、地上波を録画した場合はS−VHS相当くらいだろうか。プロテクトのかかっている市販ビデオやDVDを録画しようとしても、そのままでは録画ができないのは、普通のVHSビデオデッキと同じだ。

HI8ビデオデッキ購入

 家のビデオはHI8。レンタルビデオ用のVHSのビデオデッキもあるが、テレビ番組の録画には専らHI8を使っている。収納スペースが節約のため、5年くらい前にVHSから切り替えた。
 だが、その後SONYはHI8の据え置き型ビデオの生産を中止してしまった。ビデオカメラとビデオウオークマンの一部の機種の生産しているが、これもいつまで続くことか。
 家のHI8デッキはVHSとのダブルデッキが1台。あとはビデオカメラが1台。このダブルデッキの調子が悪い。VHSのビデオを装填できなくなった。修理に出そうと思うが、修理中はビデオが見られない。特に1日5回はアンパンマンのビデオを見ないと気が済まない3才の娘ことを考えると、修理に出すのを躊躇せざるを得なかった。
 と、オークションでHI8ビデオが手頃な値段で出品されていた。もちろん中古。多少のリスクは覚悟で入札、見事落札して今日デッキが届いた。BS−3000という機種で発売当時は198,000円もした。年代ものだが、録画再生、チューナーともに動作に問題なく、修理中の代車ならぬ代ビデオデッキとして活躍してもらうことになった。