2台目のDVDレコーダー

 近くの電器屋さんで、DVDレコーダーが安かったので衝動買い。1台目と同じパイオニア製でDVR-310Sという機種。ハードディスクもBSチューナーも付いていないが、寝室に置いて1台目がふさがっているときに使う程度なので、最低限の基本機能さえあればよい。
 早速、DVD−RWのブランクメディアを入れて録画しようとするが、ディスクを認識しない。いろいろ試すが、たまに認識するものがあっても実際に録画すると画乱れになる。家で使っているのは99%台湾製安物メディアで、全滅だ。DVR-7000では問題なく使えている。ためしにSONY製のメディアを使ったら、正常に認識し書き込みもOKだ。
 台湾製メディアが使えないことになると、国産の高いメディアを買わなければならない。
 お客様窓口や修理窓口に連絡して、とにかく来て見てもらうことにした。数日後に修理の人がやってきて、DVDドライブを交換し、最新のファームに更新して帰っていった。
 かなり認識率は高くなったが、1台目のようにはいかない。安物買いの銭失いというところか。ちなみにドライブはパイオニア製のDVR−A06−Jだった。

307のリコール

 プジョー代理店のブルーライオンからリコールのお知らせが届いた。ウインカーの引っかかりが悪いため、カニ(ウインカー丸ごと)を交換するとのこと。自覚症状があったので、すぐに交換に行った。リコールがアナウンスされたばかりの週末なので混んでいたが、1時間強で交換終了。交換前とは感触がはっきり違う。バネが強くなり、ウインカーを出して、反対方向にハンドルを素早く(乱暴に)戻すと逆側のウインカーに入ってしまうのは困りものだ。