PC110でWindows98

 CFが届いたので、Win98をインストール。DOS7で起動用としてフォーマット後、導入用CD−ROMのWin98配下をコピーすれば準備終了。あとは、時間がかかる作業にじっと耐えるだけ。延べ5時間くらいで、一応使えるようになったみたい。あとは音が出ないのとサスペンドに時間がかかるのを解決すればよい。

【以下、備忘録】
セットアップで、/im /id /is /ie /nmのパラメータを付けること。メモリやCPUのチェック、うっとうしいディスクのスキャンをスキップする。
Win98導入後、元々のブートドライブからブートできなくなる。DOS7で起動し、SYS A: C: 等とすれば復活する。
APMのバージョンを 1.1 にするには、PT110 をコマンドモードで起動し、次のコマンドを実行する。
PS2 _@CMOS F9H=11H
バージョン 1.0 に戻す場合には、
PS2 _@CMOS F9H=10H

1GバイトのCFとUSBフラッシュメモリ

 1Gバイトのコンパクトフラッシュ(CF)が1万5千円そこそこで売っているのをネットショップで発見。ついでにUSBのフラッシュメモリも同じ容量で値段も同じくらいのを別のショップで見つけ、早速購入。1GのCFがあれば、PC110にWindows98を載せられる。もし、ブートができないタイプなら、デジカメ用に転用しようっと。