WSJ解約

 WSJデジタル版を購読して8カ月。日本の新聞にはない切り口での論評と米国内の早く正確なニュースが魅力で有料会員を続けてきた。1カ月か2カ月に一度、翌月分の課金がメールで送られてくるのだが、次回は2,229円になっている。今月が1,729円だったから、約30%の値上げだ。メールには値上げすることは、まったく書かれていない。
 値上げするなら読者に告知するのが普通じゃないのか。サポートにメールで問い合わせるが、返答がない。サイトには24時間以内に回答するとあるのに3日たっても音沙汰がない。電話受付が始まる9時を待って問い合わせの電話をかけるが、サポート時間外のアナウンスが流れる。10時すぎにかけたら、今度はつながった。日本語スタッフが出たので、日本語で値上げの有無と理由を聞いてみた。値上げの件は知っていたが、告知があったのではないか?との回答。値上げの理由は、本国のファイナンスからの指示なので分からないとのこと。
 納得できるような回答が得られなかったため、次回の更新をせず解約をお願いした。