輪行したい

 昨年購入したクロスバイクには近所の散策や買い物で乗る程度だが、あのNHK・BS放送の火野正平の「日本縦断こころ旅」の影響で無性に遠出をしたくなった。
 遠出をするって言っても、火野正平のようにお付きのスタッフが面倒を見てくれるわけじゃない。自分のことは自分でするなら、やっぱり輪行。自動車に積んでいく方法もあるが、これだと元の場所に戻らなきゃいけない制約がある。やっぱり公共交通機関を利用した輪行が一番だ。
 学生時代に3日かけて千葉から佐渡まで自転車で行って、輪行で帰ってきた経験はある。あれから35年。そのときに使った輪行袋がまだ保管してあった。幌製で丈夫だが、重くて嵩張り携帯性が悪い。35年前のものなので、途中で破れて使えなくなる恐れもある。
 ということで最新の輪行袋を購入した。選んだのはOSTRICHのロード220。ロード用のものだが、私のクロスバイクでも問題なく収納できた。エンド金具付きでホイールを入れるポケットが別れているのがグッドだ。ただ、ホイールをポケットに入れると安定が悪くなるので、フレームを抱え込むよう、オーソドックスな方法で収納している。