スピルバーグ監督の来日イベント

映画「レディ・プレイヤー1」のプロモーションで13年振りに来日したスピルバーグ監督。
このジャパンプレミアのイベントに当選した娘のピンチヒッターで参加した。
娘からの特命は、レッドカーペットを歩くキャストや監督のサインをお手製の色紙に書いてもらうこと。

サイト(映画ナタリー)から転載

この手のイベントには初めて参加したため、勝手が分からない。
荷物は少なく、という娘のアドバイスを軽く流してリュックで行ったため、ラッシュアワーさながらの会場で自身の姿勢を維持するのに苦労し、身動きがとれない。

3列目だったため、必死の思いで色紙を差し出し、キャスト3人とスピルバーグ監督のサインをゲット。
監督のサインが、思ったところに書いてもらえなかったのは減点だが、父親の株を上げることができたみたいだ。

監督の印象は、礼儀正しく優しいオジサンという感じだ。

このイベントにはなぜか、高梨沙羅ちゃんと叶姉妹なども呼ばれていた。
沙羅ちゃんとはハイタッチすることができ、感無量。
想像以上に小さく華奢で、そんなに遠くに飛べるのか、信じられない感じがした。
叶姉妹の胸も想像以上で強烈。目のやりどころに困った。

youtubeのワーナーブラザース公式チャンネルにイベントの模様がアップされていた。

映画『レディ・プレイヤー1』スピルバーグ監督来日!ジャパンプレミア

56分22秒あたりにスピルバーグ監督が娘のお手製色紙にサインする映像が記録されていた。

レッドカーペットのあとの試写会にも当選したので、仕事帰りの娘が合流して一緒に鑑賞。
ゲーム感覚の映像は、還暦世代の私にはついて行けないところもあるが、若い世代の評価は高そうだ。

英会話講座

自治体が後援する団体主催の英会話講座に応募したが、
抽選の結果、落選した旨のハガキが今日届いた。
週1回、会費は1年で約2万円と格安なんで、応募者も多いのだろう。
運が悪いなあ。

気分悪い

たまたま見つけた日経ビジネスオンラインの記事。

横山信弘の絶対達成2分間バトル 「やたらと導入事例を知りたがる思考停止の人」

コンサルタントとシステム部長の会話を通じて、現場が陥りやすい問題を指摘するという内容。
ダメなシステム部長の名前がアレなんで、とっても気分が悪い。
こんなことに腹を立ててはいけないのは、分かっているのだが。

「リメンバー・ミー」「ペンタゴン・ペーパーズ」

話題の映画2本をハシゴで鑑賞。
優待券とシニア割を利用して、2本で1,100円。

「リメンバー・ミー」は、春休みで親子連れが多く、ほぼ満席。
予告編だと思った「アナ雪」の上映が20分くらい続き、ホールを間違えたかと思ったが、
プロモーションのための短編映画だったみたい。
アカデミー賞を受賞した作品だけあって、良くできている。
家族愛から疎遠になっている人は必見だ。
家族愛に満ち足りている私も、ラストは思わず涙。
それにしても、エンドロール中に席を立ち、スクリーンを横切る親子連れが多い。
せめて頭をかがめてもらえればと思う。
子供は親の背中を見て育つものだ。

「ペンタゴン・ペーパーズ」は、今まさに日本の中で起こっている状況と重なるところがあり、
最後まで気を抜かずに見てしまった。
ただ、この時期でなかったら、少し退屈な映画だったかもしれない。
コンピュータ化される前の活版による新聞制作工程がけっこうリアルに再現されていた。
締め切り間際の編集部門、活版・印刷部門の職人たちが使命感を持って仕事をする姿も興味深い。

一方、社主(社長)の判断が編集部門のそれよりも優先されてしまうという危うさを感じた。

「報道機関は国民に仕えるものであり、統治者に仕えるものではない」

映画の中で印象に残ったセリフ。
報道に携わる人は、この言葉を忘れないでほしい。