4年ぶりのスキー

 冬季五輪に影響されたわけじゃないと思うが、無性にスキーがしたくなり、1人で夜行日帰りバスツアーを予約した。行き先は鹿島槍スキー場で、リフト券+レンタル料込みで7,500円とリーズナブルだ。22時過ぎにバスに乗車、スキー場についたのは朝の5時30分前。リフトが動く8時30分まではロッジのロビーでテレビを観たり、ウトウトしたりして過ごす。スキーは、4年前に家族で温泉旅行に行ったついでにして以来なので、リフト券がICカードになっていたのにはビックリ(保証金1,000円を払うが、カードを返却すると返金される)。
 ホットドッグとコーヒーを胃の中に流し込み、早速リフトに乗り込む。2人目だ。リフトを降りて、いざ滑り出すと動きがぎこちない。4年ぶりのせいか。2本目は新雪のコースにチャレンジ。雪にスキーを取られ敢えなく転倒。転倒はこの1回だけだが、最後まで調子が出なかった。緩斜面では安定しているが(独断だが)、中急斜面だとバタバタしてしまう。体重を支えきれず。膝がついていかない。
 午前中15本、午後10本ほど滑って、15時にあがりスパで汗を流す。スパの料金は300円とこれも格安だ。18時過ぎにバスに乗り込み、予定より遅れたが22時50分には自宅に着いた。左肩、両足の太ももとふぐらはぎの筋肉痛をお土産に持ち帰った。