ZOZOSUIT到着

去年注文したZOZOSUITがやっと届いた。

初期バージョンから進化(?)し、スーツ自体にはセンサーを持たず、水玉模様の図柄を角度を変えながらスマホで撮影し、アプリの処理で計測する方式となった。

では早速試着。

上着は、袖の親指を通す穴が微妙にずれていて、無理矢理合わせた。
装着感は、スキーのパンツの下に履くタイツのように若干タイトだ。

次にスマホに専用アプリ(ZOZOTOWN)をインストール。
「計測」するための最初の取っ掛かりが非常に分かりづらい。
出来の悪いアプリだ

いったん「計測」に入ったら、画面の誘導にしたがって進めていく。
スマホは、付属のホルダ(紙製)にセットし、背面カメラを被写体に向けてテーブルに置く。
しかし「音声案内中」から一向に進む気配がない。

アプリの再起動、スマホの再起動をしても状況は変わらない。
水玉スーツを着たままトライすること30分。

ググってみると、アプリの動作環境に制限があり、私のZENFON3じゃ動作しないみたい。

え、それなら注文する前の段階で教えてくれなくちゃ。
「カネ返せ」といいたところだが、送料を含めてタダだったので、文句は言えないか。

水玉模様のナイスなインナーを無料でゲットできたので、ラッキーと思うことにする。