人間ドックと再検査

 5月に受けた人間ドックの結果、胃と肝臓で再検査の指示が出た。人間ドックのときは、胃は「胃透視=いわゆるバリウム検査」、肝臓は「超音波診断」だったが、再検査では、胃は「胃カメラ」、肝臓は「CTスキャン」。
 まずは、胃カメラ。前日21時以降の食事を制限されて、空腹状態で検査に臨む。検査着に着替えてから、胃の活動を抑えるための注射を受ける。筋肉注射なのでメチャ痛い(これは胃透視のときと同じ)。次に胃カメラの入り口のノドの周辺に麻酔をかけるため、ゼリー状の液体を口に含む。ノドに十分行き渡るように顔を上向きにして約10分間じっと待つ。これで準備は終了。検査室に移動する。ベッドに仰向けに寝かされたあと、胃カメラを入れやすくするために大きな穴の開いたマウスピースを加える。黒い太い(といっても10ミリにも満たないはず)管が口の中に入る。感触はほどんどないのだが、最初はショックでむせてしまった。が、それも数秒で収まり、あとはスルスルと順調に黒いヘビがお腹の中に入っていくのを傍観者のごとく眺めるだけだ。幸い、胃や十二指腸はきれいな状態で、組織も採取されることなく、検査は10分くらいで終わった。検査後にポラロイド写真を見せてもらいながら、異常ないと説明を受けた。
 さて、次はCTスキャン。胃カメラは会社併設の診療所で受けたが、こちらは近所の病院での検査となった。検査着に着替えて、ドーナッツ型のCTスキャンの中を移動するベッドに仰向けに横たわる。最初に造影剤を腕から点滴する。ジワジワと身体の中が火照って、特に膀胱のまわりが暖かく、まるでお漏らしをしたときのようだ。検査自体は、ベッドがドーナッツの中に移動し、ドーナッツの中でグルグルと光が音を立てて回ると、レントゲン検査のように「息を吸って止めて」を何回か繰り返しすだけだ。胃カメラに比べれば大したことはない。会計で13000円弱を取られたのは痛かったが。安心料だと思って諦めた。

久しぶりの秋葉原

 久しぶりに秋葉原を巡った。電車で行ったので、駐車場探しで苦労することなく、時間も気にせずゆっくり見て回ることができた。増設メモリをPC133CL3の512MBをCROSS OVERで6100円で買った。高い店では9000円くらいだったので結構安く買えた。ただ、店が怪しい場所にあるので、ちょっと入りにくいのが難点。玄人志向のUSB2.0カードとIEEE1394カード(各2980円)、CFタイプLANカード(1980円)を若松通商の地下で、無線LANカード(2980円)を2枚、同じく若松の1階で購入した。T−ZONEが無くなっていたり、ラジ観がアニメやキャラクタ系の店に占領されていたり、食物屋が増えていたり、少し来ない間に結構様変わりしていた。秋月電子が定休日だったのが残念だった。
 家に帰って、すぐメモリをチェック。1時間以上テストしてエラーが出なかったので一安心。
 CFタイプのLANカード(加賀電子)は、シグマリオンからドライバなしでNE2000として認識、インターネットへの接続もOKだった。

またまた、やってくれた大家さん

 このホームページを借りているレンタルサーバー屋さんから、サーバーを引っ越した(IPアドレスも)、と突然メールが届いた。30分くらいするとDNSエラーでアクセスできくなって、さらに30分したらアクセスできるようになった。データは持っていてくれたようだが、新しいサーバーの動き(設定)が変だ。日本語がすべて文字化けする。ヘッダーにContent-Type: text/html; charset=ISO-8859-1を付けているようだ。IEの表示でエンコードを日本語表示に変更すると、一時的には日本語(2バイトコード)も正常に表示されるが、再表示するとまた元の文字化けに戻る。htmlソースにはEUC-JPかShift-JISを指定しているのに!
 仕方なく.htacccessにAddDefaultCharset EUC_JPかShift-JISを指定したら、正常に表示されるようになった。困ったもんだ。

最近の買い物

 ブリッジ機能付き無線アクセスポイント(6970円) 2セット
 無線LANカード IEEE802.11b 3800円 2セット
 NetMD DM−1NETパソコン接続の据え置き型 24800円
 MP3プレイヤー Rio DR−30 録音もできる 24800円
 MDプレイヤー ミニスピーカー付き 19000円
 USBオーディオインタフェース UA−3D 12000円
 音と無線に投資しすぎかな?

パソコン不調

 我が家で最も高速なマシン−といってもアスロン1.4GHzだが−、最近使用途中で突然リセットがかかるようになった。WindowsXPは「おそらくドライバーの問題だ」とレポートしている。信用しない。経験的には、電源の問題かメモリーの問題。CPUのクロックを下げても頻度が減らないので電源ではなさそう。MEMTESTでチェックするとエラーの山だ。2枚の512Mバイトメモリのうちの1枚が、障害のようだ。とりあえす1枚はずしての運用することに。

ブルーレイディスク発売だ

 BSデジタルのハイビジョン放送も録画できる、片面1層で23GBの容量を持つブルーレイディスクが4月にソニーから発売されるそうだ。定価は45万円。意外に安い。あと1年もすると20万円を切る値段になりそうだ。

レーザーディスクは劣化する!?

 昔買って眠っていたLPレコードやレーザーディスク(LD)が無性に見たくなるときがある。今夜もそうで、「飛べ!フェニックス」のLDが見たくなった。LDプレーヤーの寿命もそう長くなさそうなので、見るついでにDVDにダビングしてバックアップすることにした(決して他人に譲渡したりはしません)。
 LDを再生すると、何とスノーノイズで画質は最悪。15年?前に買った時はこんなんじゃなかったはずなのに!(覚えてないけど、たぶん)
 とりあえず、これ以上悪くなると鑑賞できなくなるので(現状でも相当つらい)、DVDにバックアップしておいた。他のLDも要チェックだ。

ディズニーシーは寒し

 念願?のディズニーシーに行って来た。これまで、入場制限などで目前に入場を果たせなかったディズニーシーだが、真冬ということもあり、10時すぎでも駐車場は余裕だった。子供たちは大喜びだったが、大人(私だけか?)は寒くて寒くて、早く帰りたい状態で、19時30分頃に引き上げた。
 インディジョーンズは楽しませてくれたが、海底2万マイルはちゃっちい作りでもう2度と乗らないだろう。

2003年だ!

 今年は会社で年を越すことになった。トラブルではなく、当番にあたったから。といっても自分で勤務を付けているので、自爆した形だ。仕事が一段落してカウントダウンも終わった0時15分すぎから飲み始め、2時40分まで、いつもより速いペースで飲み続けた。6人でビール10本と日本酒が2升ほど空いた。

久しぶりの平日休暇

 最近は土日の休みが多く(普通の会社員ならば当たり前か?)、平日はほとんど休めない。休みがついていても会議が入ったり、急ぎの仕事が入ったりで、結局出勤することが多い。
 今日は、久しぶりに平日に休暇が取れた。まずは会社宛の転送メールに目を通し、急ぎのものだけ処理。一応まだ新車のプジョーに乗って(少し慣れてきたかな)、奥様の買い物につきあった。ドイトとメルクスをはしごして、収納用品など日用品を調達してきた。それと、プリンターのインクも。金曜日はインクと用紙が1割引きになる日らしく(今月から)、店頭価格の2割引と合わせて結局28%引きで購入できた。それと、日曜日は22,000円で売っていた850iが25,000円になっていた。ラッキー。

プリンター更新

 家のプリンターを3年ぶりに更新した。縁なし印刷とCD−R印刷ができて、印刷スピード、静音性、購入費、維持費の安さなどでバランスのとれたキャノンのPIXUS850iを選んだ。PCデポで22,000円だった。上位機種の950iも候補に売れたが、1万3千円高かったのと維持費の高さが躊躇させた。
 家に2台あったプリンターのうち古い方のBJ600Cは捨てることにし、PM750Cはセカンドプリンターとして使うことにした。

店じまい売り尽くしセールで筆まめVer13

 近くのJ&Pが店じまいする。近所に家電量販店が乱立状態で売り上げが伸びなかったのだろう。売り尽くしなので、さぞかし安いだろうと期待したが、それほどでもない。もうちょっと安くしないと閉店までに売り切れないぞ!
 そんな中、筆まめのVer13(DVD版)が2,262円で売っていた。安さに負けて購入してしまった。家に帰ってメインパソコン(AMD=K6−2 266MHZ)にインストールしたら、とっても重たい。非力なパソコンには旧バージョンのほうがよさそうだ。