有馬記念2019

2年ぶりに有馬記念に参戦。
単勝を2つ。1番人気を外し、2番人気と3番人気を1,500円ずつ購入した。
2番人気のリスグラシューが1着となり、少額ながらリターンがあった。
それにしても最終直線のリスグラシューの足は驚異的だった。
これで引退してしまうのも惜しいなぁ。

寅さんサミット 2019

葛飾柴又で開催している寅さんサミットに行ってきた。

今年は映画「男はつらいよ」公開50周年にあたり、特別イベントも多く企画されている。

京成柴又駅を降りると、寅さんの銅像前でに扮した人(たち)と記念撮影。

帝釈天まで続く参道はイベントに訪れた人たちで混み合っていた。

特設会場で記念撮影

帝釈天の隣の特設会場で席を確保し、ビールにハイボール、焼きそばに煮込みで約2時間ほど。
舞台の催しを見学してから、お土産に寅屋の草団子を買って帰った。

寅さん博物館で、男はつらいよのロケ先を紹介した本を売ってたいた。欲しそうにしてたら、カミさんが買ってくれた。

帰り道、せっかく来たので金町まで足を延ばして、かなまち酒場「玄」に寄った。
初めて入る店だったが、日本酒2合がセール価格で200円とびっくりするほど安かった。
会計は2人で3,000円ちょっと。近くに来たらまた寄りたくなる店だった。

映画「男はつらいよ」50周年プロジェクトのTwitterはこちら

スキーのシーズン券

2019-2020年のシーズン券が早割1万円で出ていて、買うか買うまいか悩んでいたが、
購入期限の今日、結局買ってしまった。

シーズン券

3回行けば元を取れるのだが、スキー場に行くまでの交通費を考えて躊躇していた。
実際のところ、格安バスツアーならリフト券付きで5,6千円で行ける。

出発時間や集合時間に束縛されず、自由に行動できるメリットと、
買ったら積極的に出かけるだろうという効果を狙い
購入を決めた。

日帰りはきついし、交通費の負担も考えて、まずは1月に宿を3泊予約した。

3泊のスキーは経験がないんで、身体がついていけるかどうか、ちょっと心配。

気が付いたら、購入期限が1か月延長されていた。
売れ行きが悪いのだろう。

スキーに行ってきました

 今シーズン2回目のスキー。いつものように最寄りの駅から日帰りバスツアーを利用した。前回は佐久、今回は富士見で、リフト代込みで5,000円ちょっとだ。
 平日なのでゲレンデはスキスキ。リフトの待ち時間もゼロ。以前は昼時になるとレストランで席の争奪戦が激しかったが、いまではヤバイくらい空いている。

 土日は繁盛していることを願いたい。このままだと存続が危ぶまれる。

 それにしてもスキー技術は進歩しない。でも、以前のように転倒することはなくなった。そういえば今シーズンは1度もコケてない。1月に同年代の知り合いがスキーで骨折したので、消極的なスキーになったのかもしれない。

有馬記念2017

3年ほど前から、年末の運試しで有馬記念の馬券を買っている。
過去2回は枠連を買って、いずれも完敗。
今年は方針を変更し、単勝と複勝を1枚ずつ。
単勝はキタサンブラック、 複勝はクイーンズリング。いずれも引退出走だ。
結果は、1、2フィニッシュ。
購入額が低かったので、リターンも大したことはないが、3倍ちょっとになって戻ってきた。
はじめて取った有馬記念。手放しで嬉しい。このまま幸運が続くといいのだが・・・。

チバニアンに行ってきました

遅ればせながらチバニアンに行ってきました。
地学や考古学、地球物理学の分野には、ほとんど興味がありませんが、チバ県民としてグローバルになるかもしれない「千葉時代」を象徴する約77万年前の地層「千葉セクション」を無視するわけにはいきません。
目的地は、「チバニアン」でググれば一発で分かりますが、愛車のナビでは流石に出てきません。
ナビには、最寄り駐車場の住所を入れて出発します。
千葉県市原市田淵1165番地 田淵会館前駐車場
自宅から下道で約1時間半でした。
駐車場は、10台ちょっとしか止められません。
着いた時は満車でしたが、すぐに1台出てきたため、待ち時間はほとんどゼロでした。
土日なら相当な混雑になりそうです。

駐車場から500mほど歩くと、目的の地層に到着します。高低差があり、行きは下り、帰りは上りが主体です。

12月上旬から地層の近くは立ち入り禁止となったようです。

立ち入りが制限された結果、見学の注意書きにあるような長靴を履かなくても大丈夫でした。

地層はこんな感じです。わかりにくいですが赤、黄、青の目印が貼られていました。

各色は地磁気の状況を表わしているとのことです。

滞在時間は5分ほど。これでチバ県民の義務が果たせました。

千葉フォルニアに行ってきました

3連休最終日。片道1時間半くらいかけて袖ケ浦海浜公園付近までドライブ。
最近SNSや新聞などで話題になった、千葉フォルニアと呼ばれる海岸沿いの道路を走ってみるのが目的だ。
朝日新聞新聞デジタルの記事

ヤシの木が並ぶ直線道路は台風一過の青空の背景も手伝って、ちょっとしたカルフォルニアの雰囲気?
しかし、見物のヒトが多く道路も短い。やっぱし日本だね、千葉だねー。

千葉フォルニア


千葉フォルニア

伊予ヶ岳に登りました(2回目)

昨年に続き、伊予ヶ岳に登った。昨年は真夏の8月、富士登山の前の慣らし登山。暑くて苦しかった記憶が残る。
前日残業で帰宅が午前様となったが、朝起きたら山に登りたい気持ちが沸々と湧いてきた。久しぶりの山登りで準備をしてたら、自宅を出るのが12時を過ぎたが、高速を飛ばして13時30分には登山口の駐車場に到着。前回3台しか止まってなかったが、15台くらい止まっていた。
30分くらい歩いたところにある休憩所で水分補給。10分くらい岩場を上って頂上(南峰)に到着した。
前回は余裕がなくて断念した隣の北峰にも足を延ばしてみた。北峰から見た南峰は、意外にも険しい山だった。

南峰頂上。標高は富士山の1/10

北峰から見た南峰


難所の岩場。お助けロープがないと厳しい

富士山に登ってきました

 19~20日、有休を1日取って1泊2日の富士登山ツアーに参加した。富士登山は18年振り。前回は職場の人たちと早朝に御殿場口から登り、お鉢巡りをして当日夕方までに5合目に戻る強行軍だったので、今回はちょっと楽をして1泊ツアーとした。

 ネットで見つけた格安の10,800円のツアーには定員の44人が参加。キャンセルも出なかったようでバスは満席のまま新宿を出発し、予定通り5合目(吉田口)に到着。11時30分頃、山岳ガイド(60代半ばの男性)の先導で登山を開始。最後尾は添乗員(30代前半の女性)。ペースはゆっくりだが、加齢による基礎体力の低下と普段の運動不足、軽い高山病が重なり、いつのまにか列の最後尾に。途中何度も足が止まりそうになるが、添乗員に励まされながら、何とか遅れることなく本8合目の山小屋に19時前に到着した。1週間前から禁酒と8階までの階段登りが少しは効果があったのだろうか。

 夕食のハンバーグカレー(もちろんレトルト)を軽く済ませ、寝床に移動。すでに2人ほど寝息(というよりイビキ)を立てて爆睡状態。格安ツアーなので3畳間(それも2段ベッド風の2階)に6人が寝袋を並べて寝る形態で、しかも私の場所は出入口に一番近いところ。通常の2段ベッドにあるような落下防止の板が設置されていないので、寝相が悪いと1階の床まで落下する。こういう状況熟睡できるわけがなく、ウトウト状態が続く。

DSC_0002 (2)

 予定では午前2時すぎに山頂を目指し山小屋を出発し、ご来光を仰ぐはずだった。が、山頂の天候が荒れているため、0時過ぎになって山頂への登山は中止する予定とのアナウンス。結局2時過ぎに中止が決まった。せめて山小屋からご来光を見るため、4時30分過ぎから山小屋の外に出て待機したが、モヤで全く見ることができなかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 朝食を取って6時10分に下山スタート。雨、雨、雨で景色は見えず、憂鬱な下山となったが、9時10分には5合目に到着。下りは位置エネルギーを運動エネルギーに変換できるので、登りに比べると格段に楽だ。帰りに温泉に入り、ツアーで知り合った同年代の方と缶ビール3本を飲んで帰途についた。

来シーズン、体力が極端に落ちていなかったら、もう1度チャレンジするぞ(登山用具を揃えてしまったので)。

 ちなみにリュックはこれを購入。一泊用にはちょうどよい大きさで、レインカバーも内蔵されて、使い勝手はなかなか。ただ、防水加工は万全でないので、出発前に防水スプレーをかけておくべきだった。


あい

伊予ヶ岳に登ってきました

 今夏に予定している富士登山のトレーニングで、伊予ヶ岳に登った。前日までは、高尾山、筑波山、鋸山が候補だったが、当日の朝、ネットで探して伊予ヶ岳に決めた。ほとんど無名の山だが千葉県で唯一、「岳」の名前が付いていて、ハイキングではない登山ができそうだと思ったからだ。
 リオ五輪の開会式を見て、12時過ぎに自宅を出発。途中高速道路を経由して、14時頃に近くの道の駅で昼食を済ませた後、いよいよ登山開始だ。登山口近くのお寺に登山者専用の駐車場があり、車をそこに止めた。休日だが、駐車していたのは3台だけ。当日は最高気温35度と暑かったので、登山には不向きだったからだろう。
 最初はハイキング気分。だが、頂上近くにロープの助けがないと登れない急斜面の岩場が出現。下りの登山者をやり過ごしながら時間をかけて登った。所要時間は往復2時間くらいだが、下着とTシャツが汗でびっしょりとなり、ならし登山としては十分だった。

象鼻杯体験

 大賀ハスの象鼻杯が体験できるとのことで、カミさんと電車で千葉公園に向かう。先着100人で、今日の「駅からハイキング」のコースにも組み込まれているため、10時開始のところを9時20分に到着。30~40人くらいの列が出来ていたが、余裕で整理券をゲット。
 ハスの茎を通った日本酒は、気のせいか青っぽい味がした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大賀ハス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

象鼻杯体験

13?年振りのTDL

 いつから訪れていないのだろうか。はっきり記憶していないが、ブログやアルバムを見ると2003年のシーが最後。家族はたまに出かけているが、お父さんは送迎のみ参加し、家で留守番ばかりだった。
 長女が今年就職し、初月給でTDLに家族全員を招待してくれた。開園前に着きたかったが、準備が遅れて到着は8時30分になった。土曜なので、大混雑を予想していたが、駐車場も余裕で比較的園に近い場所に止めることができた。それにしても駐車料金3,000円/日は高いなあ。
 訪れなかった10数年の間にアトラクションの改廃はいくつかあったが、カリブの海賊、ホーンテッドマンション、スペースマウンテン、ジャングルクルーズなど古き良き?アトラクションの場所には、身体が覚えていて足が自然に向かう。閉園の22時過ぎまでアトラクションを堪能した。

カリブの海賊、ウエスタンリバー鉄道、ジャングルクルーズ、ビーバーブラザーズのカヌー体験、ビッグサンダーマウンテン、スターツアーズ(2回)、シューティングギャラリー、グランドサーキット・レースウウェイ、イッツ・ア・スモールワールド、スティッチ・エンカウンター、バズライトイヤーのアストロブラスター、モンスターズ・インク”ライト&ゴーシーク”、キャッスルカルーセル、ガジェットのゴーコースター、ホーンテッドマンション、レオジャーラビットのカートウィーンスピン、シンデレラのフェアリーテイルホール、ペニーアーケード

 スティッチ・エンカウンターでは指名手配犯にされ、「いじられ」てしまった。4列目(大人1列目)は要注意らしい。シューティングギャラリーで走るネズミに命中し、ラッキー賞の金バッジをゲット。エレクトリカルパレードには相変わらず圧倒されたが、評判のワンスアポンタイムが近くから見れなかったのが心残りだった。

 「年パス」買ってもいいかな、という気にさせられた1日だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エレクトリカル・パレード