Echo Auto 招待メール

Amazon Echoシリースで自動車での利用に最適化された「Echo Auto」が欲しくて、
数ヶ月前に米国Amazonにリクエストしていたが、購入できるようになったと招待メールが届いた。

早速、カートに入れて購入しようとしたが、日本の住所には送れないと怒られた。
大昔、Kindleを米国amazonから直接購入した記憶があるが、勘違いだったかもしれない。

輸入代行を利用しようかと考えたが、手数料と送料が高いので諦めた。

待てよ、そもそもEcho Autoって、まだ日本語をサポートしていないんだって。
買わなくて良かった。

日本のAmazonで日本語対応版が発売されるのを持とう。

輪行したい

 昨年購入したクロスバイクには近所の散策や買い物で乗る程度だが、あのNHK・BS放送の火野正平の「日本縦断こころ旅」の影響で無性に遠出をしたくなった。
 遠出をするって言っても、火野正平のようにお付きのスタッフが面倒を見てくれるわけじゃない。自分のことは自分でするなら、やっぱり輪行。自動車に積んでいく方法もあるが、これだと元の場所に戻らなきゃいけない制約がある。やっぱり公共交通機関を利用した輪行が一番だ。
 学生時代に3日かけて千葉から佐渡まで自転車で行って、輪行で帰ってきた経験はある。あれから35年。そのときに使った輪行袋がまだ保管してあった。幌製で丈夫だが、重くて嵩張り携帯性が悪い。35年前のものなので、途中で破れて使えなくなる恐れもある。
 ということで最新の輪行袋を購入した。選んだのはOSTRICHのロード220。ロード用のものだが、私のクロスバイクでも問題なく収納できた。エンド金具付きでホイールを入れるポケットが別れているのがグッドだ。ただ、ホイールをポケットに入れると安定が悪くなるので、フレームを抱え込むよう、オーソドックスな方法で収納している。

クロスバイク

8年前に買った自転車のフロントのギアチェンジが出来なくなったので、新しいのに買え替えた。タイプは国産クロスバイク。ネットで評判の良かったブリジストンのUF5。上を見たら切りがないので、コスパの良いものを選んだつもりだ。アフターサービスを考え、徒歩圏内の近所の自転車屋さんに注文した。3週間ほどで納品された。防犯登録を入れて5万3千円。
適度に高級感があるデザインで、軽くてスピードが出るので満足だ。実用になるよう、センタースタンドとフレンチバルブに対応した空気入れを別の自転車専門店で購入した。

クロスバイク UF5

ブリジストンのクロスバイクアンカー UF5

メディアコンバータと自転車のライト

 春らしい陽気で日頃の運動不足を解消しようと、自転車に乗ることにした。MTBもどきとランドナーの2台の自転車は冬の間、駐車場の隅っこで野ざらし状態。タイヤに空気を入れて準備を整える。ランドナーの方は20年前くらいに買ったもので、輪行もできる本格的なものだが、あちこちにガタがきている。ここらで手放すことに。MTBもどきは、2年前の購入で錆はあるが絶好調だ。整備も終わり、久々に自転車で近所のパソコン専門店に向かう。
 有線LANを無線LANにブリッジするメディアコンバータ(プラネックス GW-EN11H)が4000円ちょっとで売っていたので、すかさず購入。ついでに同じ建物の中にあるスポーツ専門店で自転車用品を物色しているうちに陽も落ちてあたりは真っ暗。自転車のライトも購入した。LEDタイプなので、電池寿命は長いが夜道を照らすほどの明るさはなく、自分の存在を周りに知らせる程度のものだ。早速取り付けて、ピカピカ点滅させながら。帰路についた。
 メディアコンバータは、先日買ったテレビのTナビ用に使うため、設定作業を開始。一旦パソコンに接続して、無線LANのSSIDやWEPキーを設定。デフォルトのIPアドレスが、自宅セグメントと異なるため、これも変更した(192.168.0.100)。3回ほど試行して何とかテレビでTナビが使えるようになったが、すご〜く遅い。地図のページなど速いページもあるのだが、最初のポータルが遅すぎる。PDCの携帯電話をつないで見ているような感じだ。当面、Tナビを使うことはないだろう。