SSDのフリーズ 再発→解決(たぶん)

SSDのフリーズ問題。前回の対応で解決したはずだったが、再発した。
ググったら、「Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ」が悪さをしているとの情報。

半信半疑でアンインストールしたら、当たりだったようだ。
エクスプローラでフォルダの中身を表示するまでに、かなり時間がかかる場合があったけど、これも解消したみたい。

このプログラムは、他のPCにも入っているけど、なぜこのPCだけ現象がでるのかなぁ。

SSDのフリーズ

昨年11月にリビングのデスクトップPCのSSDを容量アップのために換装したが、原因不明のフリーズが発生するようになった。
当初は数秒から数秒程度待てば復帰したが、最近は数分(長いときは5分以上)続くようになり、頻度も格段に多くなった。
使っているのはADATAのSU630。

まずは、ADATAの公式サイトから入手した「ADATA SSD ToolBox」を使って、SSDの状態をチェック。問題なし。

次にコントロールパネルの電源オプションの詳細設定でディスクの電源断の時間を0(なし)に設定した。
期待していなかったが、この設定後はフリーズが発生していない。
当たりだったようだ。

デスクトップのサブPCが故障

3年前に中古で購入した、リビングのサブPCが起動できなくなった。
電源は入るが、本体とCPUのファンが一瞬回ってすぐに止まってしまう。
LEDのインジケータが数秒間隔で点滅する。

まず電源を疑う。

省スペース型のデスクトップで電源は内蔵されておらず、ノートパソコンと同様に
ACアダプタから電源を供給するタイプ。
電圧は問題なし。同じ規格のACアダプタに交換しても症状は同じ。

次にBIOSのCMOS設定を疑う。
をジャンパーピンでCMOSをクリアするが効果無し。
バックアップ用のボタン電池の交換も交換なし。

さらに、メモリ、ディスクやDVDなどの機器を外すが効果無し。

半日ほど自然放電してみるが効果無し。
マザーボードのコンデンサの状態を見るが、問題なさそう。

CPUクーラを外して、グリスをきれいにしてみたが効果無し。

八方ふさがりだ。
マザーボードの故障の可能性が高い。

諦めた。
部品だけ残してケースとマザーボードは廃棄することにした。
(メモリはECCチェック機能付きなので流用は難しそうだが)

価格の割に高性能だったので、ちょっと惜しい。

商品名 : BD-R内蔵ブックサイズPC[中古]NEC デスクトップパソコン Express5800/51Mb(ACアダプター、バックアップDVD(32bit.64bit各1枚)付) /Core i7 610E 2.53(3.2)GHz/4GB/160GB/書込対応BD-Rドライブ/モニタ無/Win7Proコア
小計 : 16,999円 X 1個 = 16,999円 (税込 18,359円)

SSDの容量アップ

自宅のリビングのメインパソコン(デスクトップ)のCドライブの空きが少なくなってきたので、
SSDを480GBから960GBに換装した。

960GBのSSDは3ヶ月くらい前にNTT-Xで安売りをしていたときに購入したものだ。
Acronisのツールでディスクをクローン。

このPCにはUSB3端子がなく、USB2でのデータコピーだったので、480GBのコピーに6時間以上かかった。

換装は何度かやっているが、一発で成功するのは50%程度。

今回は新しいSSDで起動したら、ブート領域がないよとエラーした。
Windowsの起動USBメモリで立ち上げてから、DOSプロンプトで第1パーティションをActiveにしたら、
起動できるようになった。

使用率が50%を下回ったので、これであと2,3年は使えそうだ。

Echo Auto 招待メール

Amazon Echoシリースで自動車での利用に最適化された「Echo Auto」が欲しくて、
数ヶ月前に米国Amazonにリクエストしていたが、購入できるようになったと招待メールが届いた。

早速、カートに入れて購入しようとしたが、日本の住所には送れないと怒られた。
大昔、Kindleを米国amazonから直接購入した記憶があるが、勘違いだったかもしれない。

輸入代行を利用しようかと考えたが、手数料と送料が高いので諦めた。

待てよ、そもそもEcho Autoって、まだ日本語をサポートしていないんだって。
買わなくて良かった。

日本のAmazonで日本語対応版が発売されるのを持とう。

NASが壊れたみたい ~続き~

ファイルシステムのチェックは、2日間待っても57%から変わらなかった。

強制的にシャットダウンしようと、電源スイッチを長押ししても反応がない。
ディスクのアクセスランプは点灯していないので、目をつぶって電源ケーブルを抜く。

ファイルシステムのチェックは、電源ボタンを押して、5秒間保持するとバイパスできるようなので、それを試してみた。
5秒くらいで「チェックをバイパスするよ」みたいなメッセージが表示されたが、長く押しすぎたみたいで、10秒くらいで「??をリセットするよ」みたいなメッセージが出て、慌てて電源ケーブルを抜いた。

再度、気を引き締めて、電源を入れた。
今度は5秒くらいでボタンを離して、ファイルシステムのチェックをバイパスすることができた。
数分後には起動が完了して、パソコンからアクセスできるようになった。
フォルダもファイルも無事なようなので、まずは別の外付ディスクにバックアップした。

バックアップ終了後、4台のディスクの状態を調べみた。
NAS自体はエラーを検知していないが、ディスクの1個のSmart情報で「Raw Read Error Rate」が4桁の数字になっていた。
原因はこのディスクみたいだ。

このディスクを交換すれば直りそうだが、同じ型式のディスクは販売中止でもう購入できない。
で、ガラポンの録画用に使用している同型式のディスクを引っ張り出して、入れ替えることにした。

ホットスワップが可能なので、それを信じてエラーのディスクを抜く。
そして元ガラポン用ディスクを入れる。

ディスクの初期化とRAIDの再構築が始まった。
待つこと10時間。無事に終了した。

念のため、再起動。
なんとまた、ファイルシステムのチェックが走り始めた。
半ば諦めていたが、2時間くらいでチェックが終了し、無事に立ち上がった。

ガラポンのハードディスクが無くなったので、エラーしたディスクを試してみる。
「初期化に失敗」とのメッセージ。
やっぱりだめだよね。
でも諦めない。
いったんパソコンに繋いで、NTFSでフォーマットしたら、今度はうまく行った。
ケチが付いたディスクなので、いつまで使えるか分からないが、ワンセグTVの全録なので消えたとしても大きな問題はない。

結構時間がかったけど、お金をかけずに直ってハッピー。

NASが壊れたみたい

ホームページのデータを自宅NASにバックアップを取ろうとしていたら、NASの電源が落ちた。

電源をUPSから取っているので安心していたが、NAS自体の電源が壊れたのかもしれない。
電源を再投入したら、起動を開始したが、ファイルシステムのチェックが走り始めた。
途中までは順調に進んでいたが、57%になったところで、進まなくなった。
8時間くらい数字が変わらない。

RAID5構成なので、下手な対応をすると復旧できなくなりそう。
ここは辛抱強く待つことにする。

WordPressバージョンアップしたら・・・

WordPressをバージョンアップしようとしたら、PHPのバージョンが古すぎると叱られた。
それではとPHPもバージョンアップしたら、コンテンツが表示されなくなった。
バージョンアップ前にバックアップを取ってなかったので、後戻りできない。
別のテーマに変更したら表示されたので、元のテーマに戻した。
ヘッダーやメニューが飛んでいる。
仕方ないので、テーマを初期設定値に戻した。
ら、雰囲気が変わってしまった。
今日は集中力が切れているので、作業は後回し。

※ネットバンキングで楽天銀行に振り込むつもりが、
楽天証券の口座番号を指定しまった。
振込指示した時点ではエラーせず、手続きが完了してしまった。
後で気がついて焦ったが、1時間くらいしたら振込先が
エラーではじいて、お金が戻ってきた。
ボケボケ・・・・・・。

Google Homeがやって来た

echoに対抗してGoogle Homeが半額で購入できる安売り攻勢を仕掛けてきた。
miniなら3,000円。echo dotの3980円(プライム会員価格)よりも安い。
この時期を逃す手はないので、当然ポチった。
在庫が薄いようだが、注文から1週間ほどで届いた。
andoroidに専用アプリをインストールして、そこから初期設定するのはechoと同じだ。
まだ使い込んでいないが、使い勝手もあまり変わりなさそうな感じ。
Amazonのprime musicにお試し加入している影響だろうが、音楽の再生はechoの方が優位。

電源のオン/オフをコントロールするスマートデバイスを購入したので、echoとhomeに連携させて試してみたい。

プリンター更新

代替機として購入した中古のプリンターで、ハガキの印刷と手差し印刷ができないことが判明。

予備のインクカートリッジは無駄になるが、別の機種を購入することにした。

エプソン、キャノンをほぼ交互に購入してきたが、今回初めてブラザーを選定。

購入したのは「Brother MFC-J893N」。ADFとFAXが付いた家庭用の複合機だ。

前の機種よりコンパクトでランニングコストも安い。家族からのリクエストもあり、CDのラベル印刷ができる機種にした。3年の延長保証も付けたので、とりあえず3年は安心だ。

echoが家にやってきた

待ち望んだAMAZONからの招待メールが届き、やっとAmazon Echo Dotを入手した。

シリーズの中で最も安いDotだが、基本機能は上位機種と変わらないようだ。

まずは、スマホに専用アプリをインストールし、その後自宅にWi-Fiルータに接続。

あとはスキルを呼ばれる機能をいくつか設定した。

またEchoの購入特典である1か月のお試し期間が付いた、Amazon Music Unlimitedを登録して準備完了。

アレクサ、今日の天気は?

アレクサ、今何時?

アレクサ、おはよう。

アレクサ、ただいま。

アレクサ、ニュースを聞かせて。

アレクサ、トランプについて教えて。

アレクサ、フォークソングを聞かせて。

・・・・

いずれも、パソコンやスマホでも文字や音声を入力すれば、できそうなことだが、端末に一切触ることなく答えてくれる。ものぐさな人にはこの上ないサービスだ。

AMAZONにますます個人の趣向などの情報を吸い上げられていく恐ろしさを感じてしまうが、いまのところ利便性を優先し、AMAZONへの依存度が高くなる一方だ。

 

プリンターが再度故障

2か月前に故障したプリンター(PX-M740F)が再度、同じ症状で故障。前回と同じ対処方法では直らない。
メーカーサポートに問い合わせると修理に出すしかないようだ。最低でも2万円かかる。
プリンターの購入代金に近い金額だが、予備のインクカートリッジが1万円分以上残っていて、判断に迷う。
結局、Amazonで程度のよい中古を購入した。あと2、3年持ってくれればよいが。