ドキュメントスキャナーの修理

本屋さんでは入手できなくなった専門書をメルカリで落札した。
断裁された状態だったので、正価の3割くらいで買えた。
このままでは、読みにくいので、スキャンして電子データ化する予定だった。

10年以上前に買った富士通製のドキュメントスキャナ(ScanSnap S300)を引っ張り出してきて、いざスキャンしようとしたところ、紙を吸い込まない。
紙送りのローラがアメ状にドロドロと溶けていた。

ネットで検索すると、同じ症状の人がいて、シリコン製のローラを自力で交換していた。

部品(4個セット)はアマゾンでも買うと1000円くらい。
交換作業の難易度は高く、失敗してローラの何個かはダメにするらしい。
で、いつものAliExpressで8個を約1,000円で買った。
2ドルの送料オプションを付けたら、1週間で品物が届いた。

さて、交換作業。
ローラを交換するのは、本体の7割くらいを分解しなければならなかった。
基板のコネクタもすべて外した。駆動系のモータとギヤもバラした.

延べ6時間くらいかかっただろうか、何とかローラは無事交換できた。
ローラは1個ダメにした。
奥まで進まないので、ペンチでつまんで引っ張ったら、切れてしまった。

コツは、潤滑剤をたくさん付けて、忍耐強く押し込むこと。

ローラを交換後は、無事スキャンできるようになった。
ただし、取り付け方が雑なので、筐体のうち側面と前面のパネルが正常にはまらなくなった。
機能上は問題ない(そう思い込んでいる)ので、ちょっと見てくれは悪いが、この状態で使うことにした。




コメント

タイトルとURLをコピーしました