FONが来た

 無縁LAN環境を世界中がタダで利用できるスペイン生まれのFONが日本にもやってきた。申し込み受付開始から5日間は送料の980円だけでFONの無線LANルーターが手に入るという。申し込んで半月あまり、我が家にもFONルーターが届いた。早速セットアップし、私設?フリースポットの開通だ。

LAN工事終了

 インターネット回線をFTTHに変更したのと同時に、ルーターの設置場所をそれまでの2階書斎から階段下(1階)の物入れに変えた。当初は、2階の書斎やリビングまでは無線LAN経由でイーサネットコンバータで有線LANに変換して使っていた。が、製品の相性なのか、イーサネットコンバータが頻繁にハングし、家族からも文句が出る始末。メーカーへ修理に出したが異常なしで返却された。その後も不安定な状況は変わらず、イーサネットコンバータを諦めた。次に試したのは、余ったノートPCと無縁LANカードとWindows2000でLAN共有。機能自体は安定していたのだが、古いPCの電源がしばしば落ちるようになり、またもや家族から文句が出た。
 そして次なる策。無線を諦めて有線に乗り換えることにした。1階のルーターから階段と廊下をLANケーブルを裸で引き回すこと約20m。非常に安定しているが、線がむき出しになっているのでカッコ悪いし、足に引っかけたり、ドアの閉まりが悪くなったりと、やっぱり家族からは不評だった。
 最終的(かどうかは分からないが)には、既設の電話線を通しているCD管を利用して、そこにLANケーブルを通すことにした。難点は、CD管が細くて追加でLANケーブルを通すことは不可能だったことだ。ケーブルは、CAT6でなくCAT5eを使ったが、それでも隙間に通すことはできなかった。仕方なく、CD管から電話線を引き抜き、新しい電話線とLANケーブルを一緒に通した。言葉にすると簡単だが、工事が終わるまでに3週間もかかってしまった。
 以下は購入した機材と概算費用。

品名 数量等 金額
通線ケーブル 3500円
cat5eケーブル 100m(単線) 4000円
電話線ケーブル 100m(2線)×2 5000円
ケーブルテスター 5000円
LANコンセント 10 10000円
通線潤滑材 1700円
RJ45かしめ工具 4000円

 気が付いたら、3万円以上も出費していた。工事業者に委託したらもっと安価にできてたりして?

CATVから光へ プロバイダー引っ越し

光電話も1本の物理回線で複線番号持てたり、同番移行できたり、相手先の番号の制約が少なくなったりと実用上の問題が少なくなったのと、現在の電話回線(ISDN)とCATVの料金よりも、光1本にまとめる方が安価になったため、NTTのフレッツ+光電話に切り替えた。
光ケーブルの引き込みは、いまの電話線が通っている管に通すなど工事は順調だったが、問題はメインのPCを設置している2階までLANをどう延ばすかだ。CATVの時は2階に直接ケーブルを引いていたが、光は電話の簡易交換機(PBX)がある1階に引いたため、そこから2階までネットワークを延ばすかが問題だ。各部屋には、PBXから2線の電話線を引いているが、イーサケーブルは引いていない。
電話線を通している管にイーサネットのケーブルを通すのが正攻法。これを試すため、CAT5e100mのケーブルと貫通ケーブルを秋葉原で購入。でも、実際に工事すると既設の電話線が切断されるリスクがあることに気づき、もっと安全な方法に方針を変更。無線LANをメディアコンバータで延長、そこにハブをつないでPCを接続する構成とした。光回線のスピードの恩恵を受けられないが、CATVよりは少し早い。

引っ越し終了

 DNSの反映もうまくいって、自宅からでもページが見られるようになった。会社は1時間後には反映していたから、遅かったのは自宅のプロバイダーの処理の問題だろう。
 これで、月17ドル90セントから月200円へ経費節減。

ドメインとサーバーの引っ越し

 5年前、レンタルサーバーと同時にはじめて取ったドメインを引っ越すことにした。前のサーバーは米国のサーバーで、料金は容量400メガバイトで月額17ドル90セント。当時としては格安だったが、現在は国内にもっと格安のサービスが多数あり、そちらに乗り換えることにした。ドメインは移管せず、サーバーだけ引っ越すこともできるが、後々の設定もめんどうみたいで、サーバーと同じ業者に引っ越すことにした。
 まずは、新しい業者からサーバースペースを借りる。次にデータの引っ越し。CGIなどが動くことを確認しておく(一部パーミションを買えなければ動かなかった)。サーバーの解約をメールで連絡し、新しい業者からドメインの移管手続きを取ってもらう。とりあえず移管は終了。ここまで6日間かかった。新しいDNSサーバーを設定したけど、まだ移管後のDNSは引き当てられない。もう少し待ってみよう。

ケーブルモデム交換

 プロバイダーサービスの一環で、回線スピードが遅いと感じられる時は、ケーブルモデムを交換するという。で、早速アピールしたところ、今日モデムの交換にきた。4Mbpsが10Mbps超になった。もちろん計測サイトのデータで不正確だが、体感できるほど速くなった。

メディアコンバータと自転車のライト

 春らしい陽気で日頃の運動不足を解消しようと、自転車に乗ることにした。MTBもどきとランドナーの2台の自転車は冬の間、駐車場の隅っこで野ざらし状態。タイヤに空気を入れて準備を整える。ランドナーの方は20年前くらいに買ったもので、輪行もできる本格的なものだが、あちこちにガタがきている。ここらで手放すことに。MTBもどきは、2年前の購入で錆はあるが絶好調だ。整備も終わり、久々に自転車で近所のパソコン専門店に向かう。
 有線LANを無線LANにブリッジするメディアコンバータ(プラネックス GW-EN11H)が4000円ちょっとで売っていたので、すかさず購入。ついでに同じ建物の中にあるスポーツ専門店で自転車用品を物色しているうちに陽も落ちてあたりは真っ暗。自転車のライトも購入した。LEDタイプなので、電池寿命は長いが夜道を照らすほどの明るさはなく、自分の存在を周りに知らせる程度のものだ。早速取り付けて、ピカピカ点滅させながら。帰路についた。
 メディアコンバータは、先日買ったテレビのTナビ用に使うため、設定作業を開始。一旦パソコンに接続して、無線LANのSSIDやWEPキーを設定。デフォルトのIPアドレスが、自宅セグメントと異なるため、これも変更した(192.168.0.100)。3回ほど試行して何とかテレビでTナビが使えるようになったが、すご〜く遅い。地図のページなど速いページもあるのだが、最初のポータルが遅すぎる。PDCの携帯電話をつないで見ているような感じだ。当面、Tナビを使うことはないだろう。

またまた、やってくれた大家さん

 このホームページを借りているレンタルサーバー屋さんから、サーバーを引っ越した(IPアドレスも)、と突然メールが届いた。30分くらいするとDNSエラーでアクセスできくなって、さらに30分したらアクセスできるようになった。データは持っていてくれたようだが、新しいサーバーの動き(設定)が変だ。日本語がすべて文字化けする。ヘッダーにContent-Type: text/html; charset=ISO-8859-1を付けているようだ。IEの表示でエンコードを日本語表示に変更すると、一時的には日本語(2バイトコード)も正常に表示されるが、再表示するとまた元の文字化けに戻る。htmlソースにはEUC-JPかShift-JISを指定しているのに!
 仕方なく.htacccessにAddDefaultCharset EUC_JPかShift-JISを指定したら、正常に表示されるようになった。困ったもんだ。

ホスティングサービスのサポート

 このホームページを借りている業者のサポートの対応について。
月17ドルちょいでメールアカウントを無制限に持てるなど値段の割にはサービスが充実しているが、サポートの対応には満足できない。
 3月上旬に使えなくなった、メールがやっと1カ月ぶりに復旧した。
 相手が米国人であり、私の英語が稚拙なのかもしれないが、状況を把握せずに一般的な対応しか取らない。10回くらいのやりとりでも進展がないので、最後に賠償のことをほのめかしたら、解決した。今回はDNS絡みのトラブルで一般のサポート担当者の範疇を越えていたようだが。優しく言ったのでは、なかなかやってくれない。どこかの会社でも似たようなことが...。

ルーターの使用が認められた

 契約しているCATVで正式にルーターの使用が認められた。今日、プロバイダーのホームページを見て分かった。最近は料金を下げたし、少しは顧客サービスを考えた対応を取るようになったようだ。ADSLに対抗、生き残りをかけて攻勢に出ているが、価格差は歴然。どこまで体力がもつかだ。

CATVの回線スピード

 我が家が使っているCATV回線のスピードを計測してみた。
 実測で1Mbpsくらい出ているので、ADSLには負けるかもしれないが、予想以上のスピードが出ている。
 最近は障害もなく安定しているし、値下げも予定されているので、当分このまま使うことにする。
 ——— Broadband Networking Report ———
<ダウンロード速度>
最高データ転送速度: 1.50Mbps (193.25KB/sec)
平均データ転送速度: 1.14Mbps (146.23KB/sec)
転送データ容量: 708.48KB (118.08KB×6回)
転送時間: 5.258 秒
———————————————–
1回目 1.50Mbps ASAHI-Net
2回目 678.62Kbps BIGLOBE
3回目 1.15Mbps OCN
4回目 881.19Kbps NIFTY
5回目 1.33Mbps WAKWAK
6回目 1.33Mbps WebArena
———————————————–
測定日時: 2002年03月02日(土) 10時43分
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/
利用5.0; Q312461)
———————————————–
———— Broadband Networking Report ————
<アップロード速度>
データ転送速度: 233.29Kbps (29.16KB/sec)
転送データ容量: 600KB
転送時間: 20.575秒
—————————————————–
測定日時: 2002年03月02日(土) 10時41分
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/
—————————————————–

ダイヤルアップルーター購入

2.5万円程度で店頭に並んでいる、ダイヤルアップルーターが中古だが4970円で売られていたので、衝動買いした。スペックはよく分からなかったが、NTT−ME製なので大丈夫だろうと飛びついた。MN128−SOHO PALという製品で、マニュアルを見るとかなり多機能のようだ。すでに2台のTAが稼働中だが、3台目をどう活用するかはこれから考えよう。