映画「主戦場」

渋谷のシアター・イメージフォーラムで映画「主戦場」を観た。
以前から見ようと思っていたが、観た日が終戦記念日とたまたま重なった。
小さな映画館だが、観客でいっぱいになった。

従軍慰安婦をテーマに考えの異なる2つのグループが論戦を繰り広げる。
本人たちが直接語る映像で組み合わせて、両者の主張を対比させている。客観性を失わないようにしているつもりだろうが、監督自身がどっちに向いているかが明白な映画だ。
なので、リベラル系の人は「いい映画だ。考えさせる」と評価が高いが、右寄りの人たちが観ると「意図的な構成だ。面白くない」という感想を持つんじゃないかと思う。
本当に観てほしい右寄りの人も映画館に足を運ぶように、構成に工夫があったら良かったと思う。

Leave a Reply