新型コロナウイルスの市町村別感染状況(千葉県)

県内の市町村別の感染者数は発表されており、地図で市町村ごとの感染者数をマッピングしたものも見かける。
これだと、面積の広い市町村や人口の多い市町村が当然多く表示される。
感染者がどの程度発生しているのかを把握するため、面積あたりの感染者数(感染者密度)を市町村別にマッピングしてみた。

予想通り、人口密度が高く東京にも近い県西部の東葛、京葉地区の感染者密度が高い。
試しに人口密度との相関を計算したら、相関係数は約0.7だった。集団感染が発生した東庄町など突出した値があることを考慮すると、強い相関関係があると言える。

地図のマッピングは、「地図ぬりぬり」を利用させてもらった。

Leave a Reply