クルリモ ひかりホームカメラ HC-1000


 激安★超特価商店街に誘導されて、NTT-Xでクルリモ ひかりホームカメラ HC-1000 を4,980円で購入。NTT西日本の販売価格は29,400円なのでかなりお買い得だ、赤外線の動態検知やマイクやスピーカーも付いている。
 本日届いたので、早速セットアップ。DHCPクライアントが有効になっているので、有線LANをつないで、WEBブラウザからIPアドレス+(/admin)をURLで指定すれば、設定画面が表示される。最新のファームが出ていたので、手動でアップデートした後、無線LANの設定などをした。再起動が自動的に行われない場合があるので、設定を変更したら手動で再起動した方がよい。
 モニター画像をWEBから見る場合、admin画面からならそのまま表示できるが、一般のユーザーが見る場合は専用のactivexモジュールが必要になるが、製品に添付されているCD-ROMからWEBモニターツールをインストールしなければならないので、不便だ。これまで利用したWEBカメラの場合、アクセスすると自動的にインストールされた。セキュリティ上、敢えてそうしているのかもしれない。画質は思ったより良くない。音声は専用のテレビ電話からしか利用できないようだ。赤外線センサーと画像による動態検知が付いた、留守宅用WEBモニターとして割り切って使うのがよさそうだ。
 電源を入れるとカメラの位置がホームポジションにリセットされるのだが、真下に向いてしまう。ホームポジションのプリセット方法がマニュアルに書いてあり、①電話機による方法と②電源のオフ/オンによる方法の2つがあるとのこと。電話機がないので①の方法は使えないので、②の方法を試す。マニュアルには、電源プラグを抜くか、WEB設定画面で再起動させるかしてオフ/オンしなさいと書いてあるだけだ。単にオフ/オンするだけだとホームポジションは変わらない。電源オフの状態で180度回転させたら、電源オンで90度下向きに回転し、結果カメラが正面を向くようになった。この方法が正しいのかどうかは分からない。
 全体にマニュアルの記述は不親切。これだとサポートに問い合わせる人が多いんじゃないかな。

Leave a Reply