罪の声、サイレント・トーキョーを観ました

最近、観た映画。

罪の声。
グリコ・森永事件をモデルにした、サスペンス調の映画。
真相究明とともに、事件に関わった人間のその後の人生を描いている。
フィクションだが、実際の事件に重なる部分もあり、面白かった。

サイレント・トーキョー。
佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊の顔ぶれで、期待を裏切らない映画だった。
渋谷のハチ公広場ではしゃぐ若者達の目の前で、爆弾が爆発するシーンはリアリティがあり、手抜きは見えない。
「戦争をできる国にしたい」意向の政権に、爆弾テロで対抗しようするが、その目的は最後まで果たせなかった。
政治に無関心な世相と爆弾テロという両極端の対比。これも面白かった。

Leave a Reply