阪大入試の出題ミスについて

昨春の阪大入試の物理で出題ミスが発覚し、影響で不合格となった30人が追加合格となった。
別の大学に進んでいる人、浪人した人などもおり、改めて入学(条件によっては編入)するかどうかは、厳しい判断になろう。

どんな出題ミスがあったのか。
阪大からの発表資料を見たが、よくわからない。
受験生だった40数年前だったら、すんなりと理解できたのだろうが、いまは解くことさえできない。
情けない。
ネットでググると解説したサイト(http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2018-01-08)があった。
なんとなくわかるような気がするが、他人の説明できるほど消化することができない。
本当に頭が悪くなっている。情けない。

ふと、私が中学生時代の期末試験を思い出した。
学科は理科第1分野で、物理(力学)の問題。
当時、物理は得意科目だった。
滑車の組み合わせで重さを求める問題で、自信を持って解答した箇所が不正解とされた。
これが合っていれば満点だったので、すごく悔しかったのだろう。
クラスの中にもう1人、同じ答えの人がいた。
2人で教室の黒板を使いながら検証した。間違いはないはず。
物理の担任にアピールしたが、説明を聞くことすらしない。
結局は、その問題の元となった参考書を見せられ、正答がこのように書かれている、と説明された。
普段は教え方がわかりやすく。好きな先生だっただけにショックだった。

以来、教師への信頼が薄くなったが、物理は嫌いにならなかった。
解答自体の真偽は分からない。
ただ、生徒の答えが間違っていたとしても、聞く耳を持たず、市販の参考書は正しいとする先入観を持つ教師はどうなんだろう。
47,8年前のことだが、いまでも昨日のことのように思い出される。

阪大入試の件に戻る。
問題を作成したのは優秀と目される教授陣だった。
それだけに他人の指摘を真摯に受け止めなかったのかもしれない。

怪しい通販サイト

FaceBookで最近表示される通販サイト。私の場合、スマートウォッチのページが頻繁に表示される。

サイトは「恵町ストアoutlet」。
http://www.measuringfit.com/pc/jap/home/Index/details?id=899413730455
商品は「年末大バーゲンセール」スイスSwitzerland スマートウォッチ」
SIM内蔵の機種が1台6,000円、2台で7,000円だとという。
simは2Gまでしか対応していないので日本国内では使用できないが、他のスペックを見るとコスパは非常に良さそう。

FaceBookでは、実際に注文した人もいるようだ。
ポチる前にサイト全体を見てみた。

怪しいところが満載じゃないか。

・商品のほとんど6,000~7,000円。
・代引き手数料無料
・電話サポートの案内ページに電話番号が載っていない。
・法人番号検索で記載された住所で会社が登記されている。ただ、会社名でググっても出てこない。
・メールアドレスのドメインは外国人名で登録されている。
・会員番号登録のページがhttps化されていない。
・同じ会社名で同じような通販サイトが存在。
http://www.beststylistic.com/pc/jap/home/Index/index
・FaceBookで、注文したのに商品が届かないという人がいる

クレジット番号だけ吸い上げられ、商品が届かないか、不良品が届く可能性がありそう。
しばらくFaceBookで様子見。

あけましておめでとう(2018)

有馬記念2017

3年ほど前から、年末の運試しで有馬記念の馬券を買っている。
過去2回は枠連を買って、いずれも完敗。
今年は方針を変更し、単勝と複勝を1枚ずつ。
単勝はキタサンブラック、 複勝はクイーンズリング。いずれも引退出走だ。
結果は、1、2フィニッシュ。
購入額が低かったので、リターンも大したことはないが、3倍ちょっとになって戻ってきた。
はじめて取った有馬記念。手放しで嬉しい。このまま幸運が続くといいのだが・・・。

チバニアンに行ってきました

遅ればせながらチバニアンに行ってきました。
地学や考古学、地球物理学の分野には、ほとんど興味がありませんが、チバ県民としてグローバルになるかもしれない「千葉時代」を象徴する約77万年前の地層「千葉セクション」を無視するわけにはいきません。
目的地は、「チバニアン」でググれば一発で分かりますが、愛車のナビでは流石に出てきません。
ナビには、最寄り駐車場の住所を入れて出発します。
千葉県市原市田淵1165番地 田淵会館前駐車場
自宅から下道で約1時間半でした。
駐車場は、10台ちょっとしか止められません。
着いた時は満車でしたが、すぐに1台出てきたため、待ち時間はほとんどゼロでした。
土日なら相当な混雑になりそうです。

駐車場から500mほど歩くと、目的の地層に到着します。高低差があり、行きは下り、帰りは上りが主体です。

12月上旬から地層の近くは立ち入り禁止となったようです。

立ち入りが制限された結果、見学の注意書きにあるような長靴を履かなくても大丈夫でした。

地層はこんな感じです。わかりにくいですが赤、黄、青の目印が貼られていました。

各色は地磁気の状況を表わしているとのことです。

滞在時間は5分ほど。これでチバ県民の義務が果たせました。

Google Homeがやって来た

echoに対抗してGoogle Homeが半額で購入できる安売り攻勢を仕掛けてきた。
miniなら3,000円。echo dotの3980円(プライム会員価格)よりも安い。
この時期を逃す手はないので、当然ポチった。
在庫が薄いようだが、注文から1週間ほどで届いた。
andoroidに専用アプリをインストールして、そこから初期設定するのはechoと同じだ。
まだ使い込んでいないが、使い勝手もあまり変わりなさそうな感じ。
Amazonのprime musicにお試し加入している影響だろうが、音楽の再生はechoの方が優位。

電源のオン/オフをコントロールするスマートデバイスを購入したので、echoとhomeに連携させて試してみたい。

プリンター更新

代替機として購入した中古のプリンターで、ハガキの印刷と手差し印刷ができないことが判明。

予備のインクカートリッジは無駄になるが、別の機種を購入することにした。

エプソン、キャノンをほぼ交互に購入してきたが、今回初めてブラザーを選定。

購入したのは「Brother MFC-J893N」。ADFとFAXが付いた家庭用の複合機だ。

前の機種よりコンパクトでランニングコストも安い。家族からのリクエストもあり、CDのラベル印刷ができる機種にした。3年の延長保証も付けたので、とりあえず3年は安心だ。

echoが家にやってきた

待ち望んだAMAZONからの招待メールが届き、やっとAmazon Echo Dotを入手した。

シリーズの中で最も安いDotだが、基本機能は上位機種と変わらないようだ。

まずは、スマホに専用アプリをインストールし、その後自宅にWi-Fiルータに接続。

あとはスキルを呼ばれる機能をいくつか設定した。

またEchoの購入特典である1か月のお試し期間が付いた、Amazon Music Unlimitedを登録して準備完了。

アレクサ、今日の天気は?

アレクサ、今何時?

アレクサ、おはよう。

アレクサ、ただいま。

アレクサ、ニュースを聞かせて。

アレクサ、トランプについて教えて。

アレクサ、フォークソングを聞かせて。

・・・・

いずれも、パソコンやスマホでも文字や音声を入力すれば、できそうなことだが、端末に一切触ることなく答えてくれる。ものぐさな人にはこの上ないサービスだ。

AMAZONにますます個人の趣向などの情報を吸い上げられていく恐ろしさを感じてしまうが、いまのところ利便性を優先し、AMAZONへの依存度が高くなる一方だ。

 

市議会を傍聴してきました

初めて市議会を傍聴した。

予想とおり、傍聴者は高齢の人ばかり(あ、私もだった)。

質問書を読み上げる質問と、予め用意した回答案にしたがって、市長や役人が答弁する。

緊張感はあまりない。ただ、知らなかった市の状況が見えた部分もあり、参考になった。

ネット中継で録画でもリアルタイムでも見えるため、実際に議会場に足を運ぶことはなさそう。

ハローワークに行ってきました

先週末に離職票が届いた。

退職後10日以内と説明があったが、実際に手元に届いたのは10営業日目だった。

ハローワークの失業認定申請に必要な顔写真(3cm×2.5)2枚の手持ちがなかったので、いつものようにピクチャンの「コンビニ証明写真」で注文。

ハローワークは隣の駅にあるので、乗車駅のファミマに寄ってプリントアウトする予定だったが、対応する機械が設置されておらずNG。

ハローワーク近くのセブンイレブンで注文番号を入力すると、コンテンツがないとエラーした。

別のファミマでも同様のエラー。注文を受けたメールは届いたので、何かの不具合があったのだろう。写真を注文したのが日曜の深夜24時すぎで、システムの保守作業をしていたのかもしれない。

自宅に戻るのは面倒なので、スマホにから顔写真をアップロードして注文。今度はうまく印刷できた。便利な世の中になったとつくづく感じる。

さて、本題。

ハローワークの失業給付(定年退職者)の窓口は3人待ち。15分くらい待って案内された。持参した書類の点検を受けた後、失業認定できる状況かどうかのチェックシートに記入。所要時間は7分くらいで、極めて事務的な対応だった。

その後、求職登録窓口に向かい、求職の希望条件登録の手続きをする。待ち時間はゼロ。所要時間は10分ほど。記入済みの求職票を見ながら、担当者が端末にを入力していく。希望する給与条件が相場より高めなので、イヤミを言われるかと思ったが、それもなかった。極めてフレンドリーな対応だった・

次回は講習会に参加し、3週間後に初回の失業認定を受ける予定。

 

Garmin腕時計のベルト修理

5年以上前に購入した「Garmin Forerunner 610」のベルトが切れた。

切れたベルト

月に1回程度のウォーキングにしか利用していないが、距離測定とルートの記録ができて便利に使っている。

交換用ベルト

ベルトをamazonで2千円ちょっとで購入し、交換した。
ピン抜きの専用工具が付いているので、外すのは簡単。
装着するのは、ピンが固くてコツが必要。力ずくだとピンが曲がるので注意。

ピンを ペンチで挟み、じっくり時間をかけて慎重にまわしながら押し込むのがいいみたい。

ベルト交換後

ブレードランナー2049

久しぶりに映画館に足を運び、「ブレードランナー2049」を鑑賞。

平日昼間ということもあり、観客は2割くらいの入りだ。

映像の質が高く、スケールも大きいが、上映時間が長くて途中何度かウトウトすることも。

他人に勧めるかどうかは微妙。

ストーリーの展開からすると続編が出そうで、それも惰性で観てしまいそうだ。